FC2ブログ

    Damned damned damned その4 英国2枚組再発

    damn5 (2)

    この黄色いカラーレコードは80年代後半(87年?)に新品で購入。
    乗り継ぎ駅のレコード屋を覘くと、輸入盤新譜コーナーにこれがあった。値段が安くて、2枚組なのに1枚と変わらなかった。

    2枚組と言っても、2ndアルバムとの組み合わせ。
    damn5 (8)

    ここではっきり言ってしまうのはなんだが、僕は、1stは名盤だと思うが、2ndは完全な駄作だと思っている。
    ほとんどの曲はリフが格好良いにも関わらず、歌が始まると単調そのもの。構成やアレンジ、曲調を練りこまなかったとしか思えない。あくまで僕個人の評価であって、異論を持つ方も多いだろうとは思うが。

    Damnedは、その後解散してしまう。


    さて、この2枚組の内側はこの通り。

    damn5 (9)
    damn5 (11)

    今見ると、このcompilationそのものは1982年の発売とある。
    なので、さらにその再発盤と言うことになるのだろう。

    レーベルはこの通り、オリジナルとほとんど同じ。
    damn5 (16)

    さて、肝心の音質だが、このレコードの音はオリジナルのようなナローレンジっぽさを押し出した音ではない。かと言って、remaster CDや30周年記念再発LPで聴かれるような低域や高域が強調されたような音でもなく、簡単に言えば普通の音だ。

    普通と言っても、英国オリジナルよりも音が良いと思う人のほうが多いと思う。

    このLPや remaster CDなどから判断すると、英国オリジナルのナローレンジっぽい音は意図的に作られたものだと考えられる。大元のマスターそのものは普通に録音し、LP用のマスタリングを施す際に、あえて、ああいうチープな音に作り変えたのだろう。

    Damnedはその後メンバーを変えて再結成して、レコード会社を変更して3rdアルバムを発売するが、3rdや4thの音質は驚くほどに良い。

    先日久しぶりに、シングル盤を集めた編集盤「Best of the Damned」を聴いて、こんなにも良い音をしていたのか!と正直、びっくりしてしまった。
    そこに収録されている1stからの2曲も予想以上に良い音質で収録されていて、マスターテープに収録された音は決してナローレンジではなかったんだなと確信した次第。

    しかも、僕が彼らの最高傑作と思っているアルバム「Black album」収録曲の「History of the world」は、LPバージョンとはmixを変えてあることに気がついた(今頃かよ!とも思うが)。

    Damned damned damnedは、残すところ30周年記念再発LPだけとなった。近いうちに紹介を終えてしまおう。

    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「シングル」は片面1曲、両面で2曲収録。「EP」はシングルよりも曲数を多く収録する(標準は4曲)"Extended Play"の略。両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR