Small faces/Magic moments

    今回紹介するのは英国で70年代に発売されたSmall facesの編集版LP「Magic moments」。

    012magic.jpg

    ここでの8つの絵が、このアルバムの何を表すのか、あるいは何を意味しているのか、全くわからない。
    個人的にはかっこいいバンドの写真を使ったほうが良かった気がする。まぁ、そのあたりは好みだと思うが。

    裏ジャケットはこの通り。
    012magic (1)

    表裏両面がコーティングされている。

    このLPでは特筆すべきトラックが1曲+それなにり別ミックスのトラックが1曲ある。


    一つは、A面3曲めの「Green circles」で、冒頭にスタジオでの会話があり、その後に曲が始まるが、Immediateからの最初のアルバムに収録されたテイクでなく、テンポの遅い別テイクが収録されている。ステレオミックス。

    もう一つはB面4曲めの「My way of giving」モノラルミックス。
    この曲は「From the beggining」収録ヴァージョンと前述Immediateからのアルバム収録ヴァージョンとでミックスが違っていたが、それらとも違う別ミックス。
    ただ、個人的にはバンド活動期間中に発表された2種類のモノミックスと比較し優れているとは言えず、正直、どうでも良いかなと思えるようなラフミックス。

    レーベルはこの通り、白いレーベルで、昔紹介したOgdensの再発盤を出したnemsからのImmediate盤。
    012magic (2)

    A-2「I can't make it」B-2「Just passing」は、2枚組編集盤LP[Autumn stone」のオリジナル盤に収録された擬似ステレオミックス(音を左右にせわしなく動かす最悪のミックス)。

    「Green circles」の別テイクは今ではCDのボーナストラックとして収録されている気がするので、今となっては、コレクター以外は特に持っていなくともOKなLPだ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR