Holliesの米国4thアルバム「Bus stop」

    米国では、3rdアルバム「Beat Group!」からわずか4ヶ月後の1966年9月に4thアルバム「Bus stop」が発売された。

    wearenot (16)

    その間、シングル「Bus stop」が6月にリリースされ、7/23にはHolliesにとっての最高位となる全米5位の大ヒットとなった。ちなみに英国でも最高位は5位。

    wearenot (24)


    このアルバム「Bus stop」は、シングル大ヒットの余波を受けて急遽リリースされたとずっと思い込んでいたが、あながち間違いではない気がする。
    なぜなら、ものすごい寄せ集め編集盤となってしまっているからだ。

    Beatlesで言えば、「Yesterday and today」みたい(と言うか、もっとひどい)。

    wearenot (42)

    一曲ずつ見て行こう。
    A1 Bus stopは最新ヒット曲(1966/6)
    A2 Candy manは英国1stアルバム収録曲(英64/1)で、米国ではこの時点では未発表。他の英国1st収録曲も同じ。
    A3 Baby that’s allは英国シングルB面曲(英64/5)
    *HolliesはシングルB面の自作曲に良い曲が多い。
    A4、A5 I am a rock、Sweet little sixteen(英66/6)アルバム「Would you believe」から。
    A6 We’re through(米64/9)シングルA面
    B1 Don’t run and hide(米66/6)シングル「Bus stop」のB面
    B2 Oriental sadness(英66/6)アルバム「Would you believe」から。
    B3 Mickey’s monkey (英65/10)英国3rdアルバム「Hollies」から。
    B4 Little love(*Little lover) 英国1stアルバム収録曲(英64/1)
    B5 You know he did(米65/6)シングルB面曲。
    B6 Whatcha gonna do about it 英国1stアルバム収録曲(英64/1)

    このように、英国1stアルバムから最新ヒットまで(期間で言えば2年半!)、米国ではLPには未収録だった曲が寄せ集められている。

    66年9月と言えば、Beatlesは一ヶ月前に米国でもアルバム「Revolver」を発売している。Holliesも意欲作の「For certain because」に取り組んでいた。
    にもかかわらず、そんな時期にこの寄せ集めアルバムは無いだろう、と思ってしまう。

    とは言うものの、そういう時代背景的なことを抜きにして、ただの編集アルバムだと思って聞くと、Holliesの2年半を俯瞰できるようなアルバムとも言える……かな。ちょっと苦しいか?

    Sundazedからの再発盤も紹介しておく。音質は非常に良い。
    wearenot (25)

    wearenot (28)

    wearenot (38)
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR