Holliesの米国2ndアルバム「Hear! Here!」

    まず最初に、前回の英国3rdの記事で「Stewball」について3rdに収録と記したが誤りだった。4thに収録。
    訂正が続いて恥ずかしい限りだが、自業自得と言うことで、ここに記しておく。前回記事にも修正を追記した。


    Holliesの米国での2ndアルバムは、1stからかなり遅れて、1965年11月に発売となった。明らかに、英国での3rdアルバムと連動しての発売だ。
    そして、英国2ndと連動するタイミングでは何もアルバムが出なかったため、64年1月リリースの1stから1年と10ヶ月も経過している。おそらくその理由は、英国での2ndが売れなかったことと関係しているのではなかろうか?

    とは言え、米国2ndアルバム「Hear! Here!」の表ジャケットは、英国2ndの表ジャケット用の写真を流用している。

    20110706 (19)


    ご丁寧に裏焼きを交えたデザイン。英国でのステレオ再発盤「The Vintage Hollies」の先取りとも言える(苦笑)。

    裏ジャケットは英国3rdのデザインを踏襲。

    20110706 (22)

    収録曲は、65年のシングル2曲+英国3rdからの10曲で、合計12曲。
    シングル「Look through any window」は資料によると、米国ではこのアルバムと同時期に発売され、当時のHolliesのシングルの中では最大のヒットを記録している(32位)。

    20110706 (26)

    Stereo盤だが、実際には全曲擬似ステレオ。
    しかし、この擬似ステレオ効果は、結構趣向を凝らしてあって面白い。

    Mono盤も持っているのだが、すぐに出てこなかったので、米国1stでの紹介同様、昨年Sundazedから45年ぶりに再発されたLPを紹介しよう。

    20110706 (16)
    こちらも1st同様、表ジャケットに貼られたシールに記載があるが、再発にあたりオリジナル・アナログ・モノラル・マスターから180gの盤にプレスされており、音質は非常に素晴らしい。

    20110706 (18)

    20110706 (28)
    レーベルはこの通り、Mono盤用のデザインをきれいに再現してある(はず)。

    Sundazedからの米国仕様の再発盤は、現在4thまで発売されている。
    音質的にもお勧めだが、4thはオリジナルの中古盤が安価に買えると思うので、1st~3rdが特に狙い目だろうと思う。

    追記:アルバムタイトルのスペルを誤っていたので修正したが、オリジナルステレオ盤のレーベルも逆に誤っている(笑)。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR