オーディオと言う趣味について

    昨日取り上げた「Stereo Sound」誌は、掲載されているオーディオ製品が高額すぎると言う批判も耳にするが、そうは言えども、ある程度の製品でなければ“質”を感じさせる音が出ない、と自分の経験から僕は思っている。

    それこそ安価でも音は出る。CDプレーヤーならカタログスペックの再生周波数帯域だけを見ると1万円の製品だろうが100万円の製品だろうが変わらない。

    では、100万円の製品って本当に100万円の価値があるの?とオーディオに興味の無いごくごく普通の人は思うかもしれない。

    それは、1万円程度の入門セットのギターなのか、あるいは世界的に有名なハンドメイドギターを手にするのかの違いみたいなものだ。
    ギターを弾かない人にとって100万円の価値があるギターなのかどうかなんてわかるわけがない。どちらも同じく音が出る。Cの音はどちらもCなのだ。

    でも、音のクオリティが違う。さらに、作りも全然違う。けれども、そのクオリティの違いがわかる耳を待たなければ話は成立しない。音よりも実際に手に取った感触、弾き心地の違いなどのほうが、その差がわかるかもしれない。
    これらによって、初めて100万円の価値が生じる。

    音だけについて言えば、違いのわかる耳を持つためには、どうしても時間(経験)が必要になってくる。これは、食についての話に似ている。500円のワインと5万円のワイン。値段は100倍だ。100倍の価値があるかどうかは、それがわかる味覚を持たなければならない。それにはどうしても経験を積まないといけないし、時間もかかる。音についても本物を味わう・聴く・知ることでしか感覚を磨けない。つまり、耳を養う必要があるのだ。


    さて、オーディオ製品に話を戻す。
    例えば100万円近い製品の場合、音のクオリティはほぼ保証される。しかし、それにはクオリティがわかる耳が必要となる。
    *海外製品ではデザインや仕上げ、触った感触などの作りこみも素晴らしい。しかし、ここでは音だけに的を絞る。

    とは言え、100万円の製品は1万円の製品の100倍音が良いのだろうか?

    以前にも記した僕の勝手な考えだが、経験値で言うと1ランク上の音を出そうとするなら、製品価格はだいたい倍の価格帯と考えている。
    となると、1万円→2万円→4万円→8万円→16万円→32万円→64万円→128万円。
    これは本当に極端な喩えだと思うが、ここでは7ランク上がって価格が128倍。
    1ランク上がると価格が2倍、音も2倍良くなるとしたら、この考えはそのまま当てはまるので、2の7乗=128倍。強引といえば強引だが(笑)。

    ただ、はっきりしているのは、安価な製品からのグレードアップはたやすいが、高価になればなるほど価格差が大きくなると言うこと。

    さらに、100万円の製品でハイクオリティな音だからと言って、自分の好きな音かどうかはわからない。自分が求める音についての尺度・基準を自分で持っていなければいけない。

    と言うことで、オーディオファンの僕としては、自分で演奏する楽器の音、生の公演(演奏会)を聴いた音、(高校時代以来)バンド演奏を練習スタジオで録音し実際の演奏音と録音された音との比較を通して、あるいは社会人になり録音スタジオで聴いたプレイバックの音などから自分の尺度・基準を構築してきた。


    話は変わって、今年になりBlu-Rayプレイヤーを購入した。
    00002429.jpg
    オーディオ用でなく、海外ドラマを観ようと思ってのこと。

    Blu-Rayディスクの音声フォーマットは、96Khz/24bitだそうで、明らかにHi-Res音源ではないか。とは言え、音声のリマスタリングをどこまで丁寧に行っているかはソフトごとに違うだろう。

    僕が買ったのは買値が2万円以下の再生専用機。そのプレーヤーで再生されるHi-Res音源がどれくらいの音質なのか?興味が湧いた。そこで、今日、CD、DVD、DVDで再生できるHi-Res音源を聞き比べした。

    なかなか面白い結果となった。近いうちにまとめて報告したい。


    追伸:
    ちなみに僕の使っているオーディオ機器で、単体で100万円クラスのものはない。
    いや、無いと言えば正しくないけれど、1台だけ中古で半値以下で買ったものがある。
    その機種は作りも仕上げもデザインも音もやはり素晴らしい。
    僕の場合、さすがに新品では買えない。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 音楽的ひとりごと
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR