FC2ブログ

    トイ・レコードメーカー

    数年ぶりにこのカテゴリーの投稿。

    年始だったか?自分でレコードのカッティングができるというトイ・レコードメーカー(大人の科学マガジンシリーズ)の発売を知って心が騒いだ。
    Amazonからは限定パッケージとして、書き込み可能ディスクが増量された商品が出るとのこと。

    toirecordmaker.jpg
    *Amazonの商品ページより

    でも、内容を詳しく調べて、残念ながら買わないことに決めた。
    理由は単純だ、レコード盤のサイズが僕には規格外だからだ。



    この商品、今調べたら、もう数日前に発売されていた。
    なので、既に購入して自宅でカッティングを楽しまれている人も多いことだろう。

    もし今回の発売が、5インチでなく7インチだったなら、僕は迷わず購入していた(笑)。
    今回の商品の仕様はモノラルカッティングのみとなっているが、それでも気にしなかったろう。

    5インチなどというレコードは、僕は1枚も持っていない。
    過去にどこかの国から発売されたことがあるかないかも知らないが、少なくとも、僕は見たことがない。
    *但し、景品か何かで小さなソノシート盤は見たことがある

    通常のシングル盤が7インチなのに対して5/7のサイズとなると、あまり魅力を感じなくなったのだ。

    もしこれが7インチなら、まず個人的な趣味として、自作曲をカッティングするだろう。
    と言うか、用途としては、それしか考えなかった。

    今から30数年前、本気でプロになりたくてバンド活動していた頃、LPレコードを自費で作ろうと真剣に考えていた。

    当時、20万円程度が自費製作レコードの最低金額で、プレス枚数は残念ながら記憶にない。
    1枚2千円で売ってちゃらだった気がするので、最低ロット数は100枚か。

    でも、それにはジャケット費用(デザイン、印刷)は含まれない。だから、追加でジャケット製作費用も必要だった。

    ただ、あの頃はレコードを出すという夢を自費でも実現したいと思っていた。荒削りなデモ録音もある程度できていたし。
    しかし、残念ながら20万円などというお金はどうやっても稼げなかったので、そのまま実現できずに終わったのだが。

    それで思い出したが、高一の時(=40年近くも前)に友人の友人が自費製造のオムニバス盤に参加して(バンド1組当たり1曲数万円提供)LPを作ったというので、友人宅で一緒に聞かせてもらったことがある。

    ジャケットもレーベルもデザインは最低だったことは覚えている。

    演奏も高校生のカバーバンドでへたくそだった(技術的にも、演奏を聞かせる熱量という意味においても)。
    音質に関してはどういうレベルだったのか全く不明。当時の友人宅のステレオセットで聴いたので。

    関連してさらに思い出すと、自分たちではレコードは作れなかったが、カセットテープは作ったような気がする。
    当然、自宅ダビングで。でも、配布用で売り物ではなかったような。

    おっと、話が大きく脱線したが、7インチ仕様が出たら是非とも購入したい。
    レーベルデザインはRSD商品等に見られるプロモ盤仕様にする。

    もし余裕があれば、それこそBeatlesの「Love me do」のような、オリジナル・マスター・テープが存在しない盤をオリジナル盤を使って自分でカッティングして、プロモレーベルを貼って飾っておこうかなと。
    夢は膨らむなぁ(苦笑)。是非とも7インチでの発売を望む。

    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日記
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード トイ・レコードメーカー 自費 7インチ

    コメント

    Secret

    どうも〜♪

    いやぁ、自分もなんで5インチなの?って思いましたよね。せっかくこういうの出すのに、後2インチ増やせないんだろうって♪

    でもそれ以上に実際自分はデータ化済みで大昔の出来の悪すぎるデモ&ライブな我が愚息たちをカッティングして何回聴くんだろう?とか考えたら…なので今回はやめちゃいました…もう将来7インチなものが出たら、たま再考したいっす…うひょ♪

    Re: どうも〜♪

    へどろんさん、こんにちは。

    > いやぁ、自分もなんで5インチなの?って思いましたよね。せっかくこういうの出すのに、後2インチ増やせないんだろうって♪

    本当にそのとおりなんですよ。レーベル面のサイズがどれほどかわかりませんが、もし小さすぎたら普通のプレーヤーで内周再生中にアームが先に進まないこともあるわけで。

    > でもそれ以上に実際自分はデータ化済みで大昔の出来の悪すぎるデモ&ライブな我が愚息たちをカッティングして何回聴くんだろう?とか考えたら…なので今回はやめちゃいました

    それなりに音質維持できるなら僕は100回くらいは聴きますよ(笑)。
    ただ、カッティングが難しいとか、音質を保つには事前にイコライズしておいたほうがいいとか書いてるコメント読むと商品としては完成度が低そうに思えました。そのあたり確実に改善されないと僕も手を出さないですね。




    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR