FC2ブログ

    Goodbye Tour Live 1968/Cream

    昨年12月にCreamの1968年の未発表ライブを集めたCDセットが出ると知ったときは、非常に興奮し、すぐに注文を入れた。
    それがこれ、CD4枚セットの『Goodbye Tour Live 1968』。

    cream68live (13)
    *アウターの中に厚手の冊子とCDを収めたホルダーが

    一番取り出しやすい位置にあったCD2枚目を深夜に小音量で聴くと、音質は今ひとつに思えたのだが、今日の日中に通常の音量で聴くと十分な音質に思えた。

    それもそのはず、このCD2枚目収録の演奏からは、彼らのラストアルバム『Goodbye Cream』に3曲が使用されていた。



    実は、当初の発売予定日を過ぎても全く届かなかったことからちょっと興味が薄れ掛けていた。その後、3月半ばに届いた。
    そして、ようやく昨日(土曜)開封した。

    cream68live (6)

    僕の開封前にAmazonのレビューには早々にいろんな評価が上がった。
    一番気になったのは、音質がひどいと言うもの。
    だから、どの程度の音質なのか?気になっていた矢先、夜間の小音量再生で全然良いと思えず、これってよっぽどミキシングがひどいのか?と半信半疑だったものの、昼間に聴くと全くそんなことないとわかってほっとした。

    そういえば、まさにデジャブな話になるが、米国LPの『Goodbye Cream』を一度夜間に聴いた際に、昨晩とまったく同じ経験を味わっていたことを思い出した。
    なんというか、音がちゃっちく聞こえるのだ。
    小音量だと演奏のディテールが掴めないし、低音域が実体を伴わないからなのかもしれない。

    cream68live (26)
    *CDが入ったホルダー(見開きに4枚セット)

    ただし、音質劣悪と悪名高いRoyal Albert Hallの演奏を収めたCD4枚目は、これでもましになったという評価もあるけれど、はっきりいってブート並み。大きな音量では聴けない。他と同じ音量で再生してしまい、すぐにボリュームを下げた。
    これだけモノラルだし、音も加工しまくっているし、ノイズも大いに目立つ。

    ということで、このセットは実質的にはCD3枚組のようなもの。4枚目はオフィシャルブートと認識したほうが良い。

    cream68live (19)
    *厚手の冊子

    cream68live (15)
    *参考までに

    で、再び(まともな3枚のCDの)音質に話を戻すが、Amazonレビューでブート並みの音質と書いた人はおそらく再生音量が小さすぎるのだろう。

    あるいはもしかすると、アルバム『Goodbye Cream』収録のライブ録音曲をブート並みと昔から思っている人なのかもしれない。
    一般のファンはそこまでひどいとは思っていないだろう。

    その『Goodbye Cream』収録曲を聴いて判断する限り、今回のCDセットとミキシングは両者同じだ。リミックスはしていない。
    さらに、CD1枚目や3枚目を聴いてわかるが、曲のところどころでボーカルの音量が大きくなったり小さくなったりしている。

    これらから導き出される答えとしては、CD1~3に収録された3ステージ分の録音は、当初から現場でステレオテープに録音された音源であり、マルチトラックで録音されたものではないということ。
    だから、楽器や歌声の音量バランスを変更できないわけだ。ボーカルのミキシング音量の調整は演奏・録音会場のフェーダー操作で行われたのだろう。

    cream68live (9)
    *アウターケースの裏面

    発掘音源の多くは、モノラル録音でない限りマルチトラックマスターからのリミックスの場合が多いので、今回もそうだろうと高をくくっていたが、完全に外れた。そういえば、Whoの1969年のTommyツアーもできる限り録音されていたものの、2トラックのステレオデッキを使用していた(でも、あれはレコード会社でなくバンド側が録音していたのだけれど……)。

    cream68live (1)
    *比較した『Goodbye Cream』の昔のCD

    『Goodbye Cream』の昔のCD(=アナログマスターをそのままCD化したものと考えられる)は、今回のよりも最低1世代は音質差があったが、音のバランスはところどころ手が加えられ、少しだけ中低域が太い。
    今回のCDセットの方が大音量再生に向いている気がする。


    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : 音質 CD ボックスセット Cream クリーム Goodbye Tour Live 1968

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR