FC2ブログ

    LET IT BLEED (50TH ANNIVERSARY EDITION DELUXE VINYL BOX SET)

    全く購入予定でなかったのが、この『LET IT BLEED (50TH ANNIVERSARY EDITION)』。
    理由は価格が高すぎると思えたから。

    leiitbleeddeluxe (1)

    2LP+2SACD+7インチアナログ+おまけ類のボックスセットが25000円程度もする?!



    では、何故購入したのか……それは、前記の価格は国内仕様盤だったが、Amazon USに直接注文すると送料込みでUS$120程だったから。
    まさに目を疑う価格だった。

    国内仕様盤は、ボックスセットそのものは直輸入盤で、それに解説が付く程度だと思うのだが、差額が大きすぎる。
    何か予期せぬ国内専用のおまけが付属しているのだろうか?

    leiitbleeddeluxe (4)
    *収録内容、クリックで拡大

    大きな梱包箱の中に緩衝材と現物がそのまま入った状態で送られてきたが、今回は外観的にはダメージなしだった(ラッキー!)。

    leiitbleeddeluxe (8)

    まだ開封していないが、もし何かダメージがあったなら、次回にでもお伝えしたい。


    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP stereo モノラル ステレオ ボックスセット Mono Rolling Stones ローリングストーンズ

    コメント

    Secret

    No title

    JDさんこんばんは。

    私はこのボックス、ダントツの「無いわーオブザイヤー」でした。モノLPボックスもあったわけだそ、唯一価値があると思えるのがモノSACDですが、これだけのために5000円出すのもどうかと思えるのにこの価格設定、ありえねーって思っていました。ボックス物自体が個人的に食傷気味で、もうちゃんとピンポイントでいいとこ突いたものじゃ無いと買う気が起きないという状態になってしまいました。結構そう言う人多い気がするのでレコード会社も早く何か次の手を考えて買わせて欲しいなあと思いました。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > 私はこのボックス、ダントツの「無いわーオブザイヤー」でした。モノLPボックスもあったわけだそ、唯一価値があると思えるのがモノSACDですが、これだけのために5000円出すのもどうかと思えるのにこの価格設定、ありえねーって思っていました。

    その意見はご尤もですね、特にモノLPボックスを買ってる人にとっては。

    で、僕が購入した理由はまさにモノSACDに惹かれたからでした。
    DSDマスターを基にしたステレオLP/SACD、モノラルLP(=モノLPボックス)は、既発商品で購入済みなので購入を迷いましたが、Satanic……の2LP/2SACDも買ってたので、その流れで購入したようなものですね。
    前回のBeggers……でもこの仕様を出してくれたら購入してた気がしますが、前回は見送りました。

    >ボックス物自体が個人的に食傷気味で、もうちゃんとピンポイントでいいとこ突いたものじゃ無いと買う気が起きないという状態になってしまいました。結構そう言う人多い気がするのでレコード会社も早く何か次の手を考えて買わせて欲しいなあと思いました。

    次の手ですか……それは難しいのではないでしょうか(笑)。
    今回のボックスも結局アウトテイクや別テイクが一切無い、単純に音質向上のstereo/monoの2種類のメディア(実際に向上しているかどうかわかりませんが)+シングル盤+おまけという内容。

    少し前に出たKinksのアーサーは確実に音質向上していると思えたので、2LP購入後にCDセットも買ってしまいましたが(苦笑)、あちらはいろいろと入っていて、個人的にはBeatlesのAbbey remix 3LPセットよりも満足度が高かったです。



    No title

    なんとなく、なんとなーくですけども、この手の先駆者であるディランのブートレッグシリーズ。これはこのあたりを読み取ってか、巨大ボックスはやめてコンパクトな3CDパッケージ(そして安価!)にいち早く変えてきたんではないかと読んでいます。彼ら(あのシリーズの制作者)はこのあたり分かっているのではないかと(笑)と、いいつつこの時期の音源特に興味が湧かなかったので買いませんでした。でも、自分が指摘したのはこういうちょっとした気の利きようのことです。

    アビイロードも最初はCDボックス買う気満々だったのに、先に主になる音源聴いてから、(特にB面ですけど)これはないわと思って1CDに切り替えたつもりでしたが、結局それもいらないかなと何も買わずじまいです。

    来年発売になるCreamのフェアウェル・ライブのボックスは絶対買おう!と即断で思いました。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > なんとなく、なんとなーくですけども、この手の先駆者であるディランのブートレッグシリーズ。これはこのあたりを読み取ってか、巨大ボックスはやめてコンパクトな3CDパッケージ(そして安価!)にいち早く変えてきたんではないかと読んでいます。

    少し前になりますが、公式発表を読んだ印象では、今回は似たり寄ったりのテイクを入れるのはやめたという方針のように思えました。この時期のDylanは、僕にはシンガーに立ち戻ろうとしていたように思え、そうなるとバックバンドとの化学反応みたいな変化が薄かったのではないのかなと想像しました。なので、コンパクトな商品になった気がします。
    でも、それはそれでありだと思います。

    >と、いいつつこの時期の音源特に興味が湧かなかったので買いませんでした。

    実は僕も買っていません(笑)、僕自身、Dylanの作品ではあまり聴かない時期の録音集なので。

    > アビイロードも最初はCDボックス買う気満々だったのに、先に主になる音源聴いてから、(特にB面ですけど)これはないわと思って1CDに切り替えたつもりでしたが、結局それもいらないかなと何も買わずじまいです。

    それは英断だったと思いますね(笑)。僕はもし可能であったなら3LPセットの2019remixを外した2LPセット(つまりアウトテイクのみ)がベストだったと思います。まぁ、そういう分売はなかったですけど。

    > 来年発売になるCreamのフェアウェル・ライブのボックスは絶対買おう!と即断で思いました。

    あ、僕は予約しましたよ。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR