FC2ブログ

    The Rascals' Greatest HitsとComplete Singles

    以前『Time Peace: The Rascals' Greatest Hits』を取り上げた際に記した豪州モノラル盤が出てきたので、早速聴いてみた。

    rassingles (19)
    *ジャケット表面はラミネートコーティング

    代表曲「Groovin'」を聴くと、予想に反して正しいモノラルミックスが採用されているではないか!



    このベスト盤、Rascalsの本国米国ではステレオ盤しか発売されなかったと思うので、モノラル盤と言えど、ステレオミックスを単純にモノラルにした所謂〝偽モノ〟だとばかり予想していた。良い意味で裏切られた。

    とは言え、このレコードに関しても、前回のTroggs同様、音質は全く褒められない。低音域が薄くスカスカに思える。

    rassingles (13)
    *ジャケット裏面

    と言うのも、2017年にYoung Rascals,RascalsのシングルA面/B面を全曲網羅した『The Complete Singles A's & B's』が登場しており、そこに収録されているシングル・モノミックスの音質とは比較にならないからだ。

    僕が持っているのは、CDでなくLP4枚組のアナログセット。
    RSD商品として2018年に発売された(売れ残りを購入)。

    rassingles (5)
    *写真ではわからないが、分厚いジャケット

    収録された音源は全てシングルミックスで、半数がモノラル、半数がステレオ。

    こちらはマスターの世代が明らかに若く、音質は過去に登場したどのベスト盤LPよりも上回るかもしれない(さすがに彼らの全てのベスト盤をアナログで持ってはいないので、100%確実とは言い切れないが)。

    rassingles (1)
    *ジャケット裏面

    どの曲も音のバランス(=帯域バランス)が良い。
    一度こっちを聴いてしまうと、豪州モノラル盤『Time Peace: The Rascals' Greatest Hits』は完全に霞んでしまう。面白いのは、本来ステレオバージョンしか存在しない「A Beautiful Morning」のモノラルバージョンぐらいか。
    まぁ、それとて左右チャンネルを50/50で合わせたにすぎないはずだが。






    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP モノラル Mono RSD Rascals シングル singles

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR