FC2ブログ

    中古レコード屋の楽しみ

    棚のレコードを手にとってはジャケットと値段、コンディションを確認し次に進む。
    それはレコード探しのありきたりの行為だ。

    その過程でこれまで見たことのないジャケットに出くわす(出会う)のは、中古レコード屋でのレコード探しにおける醍醐味の一つだ。

    でも実のところ、本当に初めてなのか?あるいは過去にも見ているけれど記憶に残っていないだけなのか?は、わからない。

    fiveamericans (5)



    先日、名古屋の中古屋で手に入れた60年代の米国のグループ、Five Americansの2ndアルバム『Western Union』(1967年作)、米国オリジナルモノラル盤もそんな1枚だ。

    僕は今もこれまで聴いたこともないアーティストのレコードに興味津々であるけれど、今回のようにジャケットもレコードも非常に状態が良くて(EX+程度)、なおかつ2000円台前半であるなら確実に買いだと思うが、なかなかそううまい具合にはいかない。
    最近ならば、VG+程度で1600~1800円ぐらいというのが相場かなと思う。再発盤だと話は大きく変わってくるけれど。
    *追記:安かった理由がわかった、A-1終わりごろにプレスミスで陥没があり針飛びした……とりあえず針飛びは修復したが大きなノイズが出る

    今(2019年)なら購入でなく配信やYou tubeでも楽しめるじゃないか、という意見もあると思うが、僕の意見を言えば、それらとレコード屋でジャケットを手にとって聴いてみよう(=買ってみよう)と決断するのとは体験として大きな違いがある。
    買うというのは覚悟がいるのだ。

    と同時に、レコードを出すというのも、アーティスト側もレコード会社側も覚悟して出していたわけで。

    そういう意味においては、僕が集めているような昔のアーティストとの接し方は、僕の場合、レコード購入が一番ふさわしい気がしている。

    でも、もし僕が今中学生だったなら、ネットに飛びついたことだろう。1970年代後半にはそんな便利なものは概念すらなかった。

    あの頃、洋楽を1曲でも多く知ろうと無我夢中でラジオにかじりついて聴いていたし、レコードも友人同士で貸し借りしていたし、知らないアーティストや曲の話を友人やFM雑誌等で教わっては、レコード屋に見に行ったりしてた。
    限られた小遣いの中で、どのレコードをまず買おうか悩みに悩んだ。

    そういう経験があるからこそ、今もレコード屋めぐりをしているわけだが、単純に予算面だけで言えば、You tubeなんて無料だし、定額配信も音質を気にしなければ安いのではなかろうか?
    あるいは、へどろんさんの『Rock'n'Roll Radio Station!』とか(100回放送、おめでとうございます!)。

    それこそ、入門者にはうってつけではなかろうか。
    ある意味では良い時代だと思う。

    でも、体験や限られた情報からの判断、購入の決定、大切な小遣いを無駄にするか宝物に変えるかなどの人生経験においては今はマイナスの時代かなと思えなくもない。失敗の度合いが違う、それはイコール、成功の度合いが違うということだ。


    ……最終的にはなんの話かわからなくなってしまった(苦笑)。

    という事で、Five Americansの『Western Union』はいつか紹介することに。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日記
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード 購入 中古 レコード屋 音楽 配信

    コメント

    Secret

    No title

     JDさん、ご無沙汰しております。密かに読ませていただいております(笑)。

     さて、本文にある「とりあえず針飛びは修復したが」という部分、もしかしてあの方法か?とは思いましたが、念のため、どんな方法か教えていただければと思います。

     ついでと言ってはなんですが、今回の「アビー・ロード」の「ジ・エンド」のギターソロ、どうしてジョージのギター(つまり2番目)だけ、音を大きくミックスしたのですかね。私の機材で聴くとそう感じるだけでしょうか?

    Re: No title

    Makoさん、こんばんは。ご無沙汰です。

    >  さて、本文にある「とりあえず針飛びは修復したが」という部分、もしかしてあの方法か?とは思いましたが、念のため、どんな方法か教えていただければと思います。

    基本は良く言われる爪楊枝による修理が最善だと思っていて、今回も初めはそれで試しました。
    が、陥没後に正しい音溝に戻すのは僕の爪楊枝技術では無理でした。
    なので、奥の手を使いました。
    失敗すると確実に盤を傷つけるためお勧めできないので、ここでも方法は記せないですね。すみません。

    >  ついでと言ってはなんですが、今回の「アビー・ロード」の「ジ・エンド」のギターソロ、どうしてジョージのギター(つまり2番目)だけ、音を大きくミックスしたのですかね。私の機材で聴くとそう感じるだけでしょうか?

    え、ジョージですか?僕のところではPaulが一番大きく聞こえます。
    Makoさんはアナログで聴いてますか?アナログとハイレゾは最終マスタリングの際にデジタルリミッティングを通していないようなのですが、CDではかなり強めにかかっているとの噂なので、そうなると音の聞え方が大きく変わってきます。


    No title

    JDさん、こんばんは。

    針飛びについては、昔、ストーンズのビッグヒッツ1(日本盤)の「ひとりぼっちの世界」で針を上から間違って落としたときにできた傷を、爪楊枝→まち針で飛ばないようには修正できましたが、ひどいノイズが出るようになってしまい、やればやるほどひどくなる、という苦い経験が。結局、罪滅ぼしに中古でもう一枚買いました(笑)。

    私はCDで聴いています。
    ヘッドフォンでも確かめましたが、明らかに2番目のギターソロが右気味に置かれ、音量も大きい。
    ここだけはちょっと解せませんね。

    Re: No title

    Makoさん、こんばんは。

    > 針飛びについては、昔、ストーンズのビッグヒッツ1(日本盤)の「ひとりぼっちの世界」で針を上から間違って落としたときにできた傷を、爪楊枝→まち針で飛ばないようには修正できましたが、ひどいノイズが出るようになってしまい、やればやるほどひどくなる、という苦い経験が。結局、罪滅ぼしに中古でもう一枚買いました(笑)。

    結局、盤面に出来た傷は消せないので、針の通り道を正しく直すだけだからノイズは免れないですね。
    とは言え、軽い修正のみならノイズもほとんど気づかないレベルになる場合もあります。
    陥没の場合は、経験的には無理でした。

    > 私はCDで聴いています。

    CDなんですね、どおりで印象が違うわけだ。

    > ヘッドフォンでも確かめましたが、明らかに2番目のギターソロが右気味に置かれ、音量も大きい。
    > ここだけはちょっと解せませんね。

    アナログではPaulのギター(1番目に弾く)だけがオリジナルよりも微妙に大きく聞こえます(あくまで僕のオーディオでは)。
    右側の音が大きく聞えるとすれば、左右チャンネルの音量レベルがマスタリングの際のデジタルリミッティングで均されての結果なのかもしれません。CDは聴いてないのであくまで想定される原因ですが。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR