FC2ブログ

    Abbey Road 2019 remix 3LPのセッション集について

    今日(正確には昨日)、『Abbey Road』のセッション音源の2LPを初めて聴いた。

    2019ARbtls (1)
    *前回の写真の使いまわし、ジャケットの後ろはボックス封入の解説書

    今回の企画のメインとなる2019remix版『Abbey Road』については、僕の感覚では公式海賊盤という理解に落ち着いたが、こちらのセッション音源も公式海賊盤というにふさわしい内容に思えた。

    でも、こちらには確実に聴けて良かったと思えた曲(音源)があったので、購入を3LPセットにしておいて良かった。全収録曲はデラックスエディションに収録されたものと同じ内容のはず。


    現在時点でデラックスエディションに対するAmazonJPへのレビュー数は50を超えている。

    その中には毎度繰り返して記される50年前の録音とは思えない高音質……みたいなコメントが見受けられるが、何度も記しているように、1960年代の録音であれば(ちゃんとしたエンジニアが録音したものであれば)当たり前の音質だ。

    それどころか、69年録音だとアメリカでは16トラック録音が導入されていた時期に英国ではまだ8トラック録音だったという話なのだから、録音環境は米国よりも遅れていたわけで……。

    それに、確かに音質的には1~2世代ほど若返ったとは思うが、オリジナルの英国盤からとんでもなく高音質に変貌を遂げたわけではないし。

    おっと、脱線してしまったが、そういう話でなくて、そのセッション音源を聴いて僕が驚かされた曲のことを同様に感じていた人がどれくらいいるのかなと知りたくて50以上のレビューに目を通した。

    もしかしたら数人ぐらいは気づいていたのかな?と思えなくも無い(具体的な記述は無かったが)。

    何かと言うと、2019remix版のB面メドレーに希薄だった躍動感が、セッション集に含まれる「the long one」でははっきりと感じられるという点だ。これには本当に驚かされた……最終版でないミックスが聴けるということでなく、その躍動感がここに残されていたことに驚かされた。
    「そうだよ、本来はこういう感じだったんだよ!」と思わずにはいられなかった。

    もしかするとこれって、今回新たにマルチトラックから作り直したのではなく、残っていたステレオ・ラフ・ミックスを収録しただけと言うことだろうか?そう考えると合点が行く。

    でも、本来「the long one」のテープの中ごろに配置されていた捨て曲「her majesty」が、その後物理的にテープカットされたと言う話だったので、この順番で聞けるということは、一度破棄され切り取られたテープ(捨てないで残しておいた)を再度編集して当て込んだということなのだろう。(当然のことながら、アナログテープを再度つなぎ直したのでなく、デジタルに取り込んだ音源を当てなおした。)

    いずれにせよ、僕にとってこの3LPでの最大の聞物はこの曲に間違いない。

    他にも、レコード3枚目のA面に驚きがあった。
    メドレーの中に含まれていたJohnの曲「Sun King」のセッションテイクだ。

    この曲はメドレーの中ではあまり目立たない気がしていたが、単体の曲として聴くと、アレンジが非常に素晴らしいことに気づかされた。
    最小限の編成でそれぞれの(楽器の)役割が有機的につながっていることがわかる。

    あ、忘れていたが、あと二つだけ。

    GeorgeのシングルB面曲「Old Brown Shoe」のDrumsがPaulによるものだったということにはびっくりした。
    3LPが届く前に野良さんのツイートを読んでいたのだけれど、ライナー(解説書)にそのように書いてあった。公式発表って初めてのことではないか?今やバイブル的な存在の『Beatles recording session』とは完全に違っていた(つまり、間違っていた)わけで。

    そして最後に、これは唯一2019remix版に対しての驚きだが、「I want you」のJohnのボーカルがあれほどクリアに生々しく聞こえたのは驚きだった。まるで2世代ぐらい若いボーカルトラックを使用したような(実際そうかもしれないが)。

    で、どうしてそうなるかと言うと、オリジナルミックスでは、ボーカルと同じメロディラインをギターでユニゾンにし、さらにギターの音量がボーカルと同等あるいはやや大きめに設定してあったからだ。今回はそのギターをあまり聞こえないようにミックスしてある。
    だからremix盤の評価が高まるなんてことは全くないけれど、この点を指摘しているレビューも無かった気がした。


    PS
    本当にどうでもいい話なのだが、レビューの中にMary Hopkinのことをメリー・ホプキンスと誤記する人が二人以上いて驚かされた。
    当時間違ってホプキンスと呼ばれていたとか?(笑)




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP Beatles ビートルズ Abbey Road remix

    コメント

    Secret

    No title

    JDさんこんにちは

    >2019remix版のB面メドレーに希薄だった躍動感が、セッション集に含まれる「the long one」でははっきりと感じられるという点だ。これには本当に驚かされた……

    これ書いてあったので聴いてみましたら本当にその通りで、とても素晴らしかったです。

    >もしかするとこれって、今回新たにマルチトラックから作り直したのではなく、残っていたステレオ・ラフ・ミックスを収録しただけと言うことだろうか?そう考えると合点が行く。

    同感です。私もこの曲は初期段階のステレオ・ラフ・ミックスだと思います。アイデアを一通り形にしてみた時点で作成したラフミックスがそのまま残っていたんだと思います。

    >でも、本来「the long one」のテープの中ごろに配置されていた捨て曲「her majesty」が、その後物理的にテープカットされたと言う話だったので、この順番で聞けるということは、一度破棄され切り取られたテープ(捨てないで残しておいた)を再度編集して当て込んだと

    僕は、これはデジタル処理でつなぎ直したものではなく、初期段階で作成したラフミックス(別テープ)がそのまま残ってい他だけではないかなと思っています。メインヴォーカルも仮歌のものがあるようですし、The Endのコーラスもまだ入っていないので、このミックスは一旦確認用に作られただけでこのテープでの作業は続行されていないと考えています。この時点でHer Majestyは外すということが決まってマルチで切り取りなどの作業が行われたのではないかと。

    それからそのマルチに戻ってヴォーカルを差し替えたりした後に別のテープでリダクション・ミックスダウンするなりして作業が続行しているのではないかと予想しました。

    それにしても本当に素晴らしいテイクですね。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > これ書いてあったので聴いてみましたら本当にその通りで、とても素晴らしかったです。

    remixで躍動感が失われる理由は、音量バランスだけでなく、リダクションミックスの元素材に遡ることも何か関係しているのかな?とさえ思えてきますね。

    > 僕は、これはデジタル処理でつなぎ直したものではなく、初期段階で作成したラフミックス(別テープ)がそのまま残ってい他だけではないかなと思っています。メインヴォーカルも仮歌のものがあるようですし、The Endのコーラスもまだ入っていないので、このミックスは一旦確認用に作られただけでこのテープでの作業は続行されていないと考えています。この時点でHer Majestyは外すということが決まってマルチで切り取りなどの作業が行われたのではないかと。
    > それからそのマルチに戻ってヴォーカルを差し替えたりした後に別のテープでリダクション・ミックスダウンするなりして作業が続行しているのではないかと予想しました。

    僕自身は、やっぱりレコーディングセッションの記述が正しくて、ラフミックスから切り取られたテープがそのままアルバムマスターの最後にくっついていると信じていますが(笑)。なので、このバージョンはつなぎ直した部分のみデジタル編集ではないのかなと推測しています。



    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR