FC2ブログ

    人類ついに月に立つ Man on the moon (1969)

    1969年7月21日午前3時前(ユニバーサルタイムなので、米国ではまだ7/20)、月面着陸に成功した月着陸船イーグルから宇宙飛行士のニール・アームストロング船長が船からようやく出てきて月面に足を降ろした。

    いろんな中古レコード屋で、かなり昔から数えきれないほど目にしていたこのレコード『人類ついに月に立つ Man on the moon』、僕がようやく入手したのは昨年だ(子供の頃、家にあった気もしているが……)。

    manonmoon] (10)
    *あえてジャケット内側と付属対訳、シングル盤

    1969年(おそらく7月のうちに)アポロ11号が月面着陸を果たした記念品(非売品)としてリリースされている。



    非売品でありながら、かなり数多く出回っていることからして、相当数が配布されたと思われる。

    僕の知る限り、普通に良いコンディションのものが、300円~3000円ぐらいと(同等のコンディションなのに)中古店によって大きく売値が異なっている。

    そもそもこのレコード、何かを買うことでもらえたのか?あるいは、応募はがき等を出せばもらえたのか?そのあたりは、残念ながら何も窺い知ることができない。

    manonmoon] (15)
    *見開きジャケットの裏面

    収録内容は、アポロ11号の着陸船とヒューストンの管制塔とのやり取り、月面に降り立ったアームストロング、オルドリンからのメッセージ、当時の米国大統領ニクソンとのやとりなど。

    本当にただの記念レコードなのだが、いろいろと興味深い点がある。
    ちょっとだけ記す。

    manonmoon] (24)
    *ジャケット表面

    まず、ジャケットの表は、実際の月面着陸での写真ではない。訓練時と推測される写真が使われている。
    片足を、赤い平べったいおわんみたいなものの中に入れている。
    当時、月の表面(ひょうめん)が砂で覆われているとはわかっていたが、もしかすると蟻地獄のようにずるずると地中に吸い込まれる可能性も想定されており、このような訓練もしていたと推測される。
    どうしてこんな写真を使ったのか不明だが、今となっては目にかけない貴重な資料と言える。

    で、先に掲げたジャケット裏面の3人のポートレートは、おそらくアポロ11号に乗り組む前に撮影された写真だろう。
    と言うのも、無事に地球に生還したものの、彼らはすぐに完全に隔離されてしまったからだ。

    manonmoon] (1)
    *内側に貼り付けた3つ折り写真

    manonmoon] (8)
    *解説

    manonmoon] (4)
    *サターンVロケット打ち上げ写真の裏面に軌道図

    他にもアポロ11号の軌道図なんて、好きな人にとっては非常に興味深いに違いない資料だ。

    ということで、今回もアポロ11号月面着陸から50年の記念の回でした。


    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日記
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード モノラル 非売品 アポロ 11号 月面 着陸 シングル盤

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR