Small FacesのDVD「All or nothing」おまけ

    一つおまけに記しておく。
    DVD「All or nothing」に収録の「Ogden’s nut gone flake」の映像にはびっくりした。
    ここではSteve Marriotteもキーボードを弾いている。
    ogdens.jpg

    実際に流れている音はレコードをかけてそれに合わせている、所謂リップシンクだ。

    面白いのはKenny Jonesの後ろに座って、曲に合わせて体を大きく揺らしている男。
    派手な動きが気になる。
    ogdesnDVD2.jpg
    その後、SteveとKennyとRonnieがカメラに収まるアングルが来て、
    ogdesnDVD1.jpg

    次に、Kennyの後ろで踊っている男にカメラが向くと、一人でなく2人座っていた。

    ogdesnDVD.jpg
    The WhoのKeith MoonとPete Townshend だった(笑)。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR