FC2ブログ

    スピーカーによる音の違い

    ちょっと昔話を記しておきたい。とりとめのない話だ。

    90年代半ばにソナスファベールのエントリークラスだったコンツェルティーノを購入したことを少し前に記した。

    実はその時、僕が購入しようと思っていた本命の機種はB&WのCDM1だった。



    当時、CDM1は10万円クラスのスピーカーではベストセラーで、その音質評価は、どのオーディオ雑誌でも絶賛されていた(まず海外で、ついで国内でも)。
    正直、外れのないスピーカーと言う印象だった。

    その日は買う気満々でオーディオ店に足を運び、最初は偶然カバンに入っていたSuzanne Vegaの新譜『Nine Objects of Desire』を同じような価格帯のスピーカーで比較試聴させてもらった。

    その時の印象はよく覚えている。「試聴に向かないな」だった(苦笑)。
    と言うのも、『Nine Objects of Desire』は前作同様に音作りが凝っていて人工的なサウンドの印象が強かった。
    そういうのは、どんな音が正解なのかわかりにくい。

    それよりも、それこそクラシックやジャズ等の生演奏、(できるだけ)生な録音のソースを使って音を鳴らさないと。

    で、本命のCDM1は、オーディオ店の試聴部屋のやや上段にセットされていた。
    お店の人が鳴らした音量での僕の印象だけを記すと、元気な音だった。音が飛び出すとでも言うか、溌剌と言うか。

    それに対して、コンツェルティーノはちょうど良い高さにセットされてあった。
    で、その音はCDM1とは音色が違っていたし、音が手前に来るよりも奥行きを感じる音だった。
    そして何よりも、歌声の質感が他の同価格帯のスピーカーよりも確実に魅力のある音だった。声に陰りが感じられた。

    設置位置に差があるとは言え、僕があらかじめ調べて、聴きたいと思っていたスピーカーの音が機種によってこれほど違うものなのかと驚かされた。

    で、そのあたりは好みの問題なのかとは思うが、CDM1以上にコンツェルティーノに惹かれてしまった。

    価格はコンツェルティーノが(僕の記憶が正しければ)14.5万円。
    CDM1は量産効果もあってか、たったの10万円という魅力的な価格だった。

    それまで使っていたスピーカーは国産の同価格帯(12万円前後、大き目の3wayブックシェルフ型)だったが、あの大きさなのに小さな音量でしか鳴らせないことに嫌気が差していたし、当時読んでいたステレオ誌の印象から、海外製の小型スピーカーのほうがもっと音質向上を実現できるのでは?という考えがあった。
    その考えそのものは正しかったかどうかは正直わからないが。

    で結局、高いほうのコンツェルティーノに、さらに純正スタンドまで付けたので、20万円を超えてしまうことになったが、あの小さなサイズなのに(当時の僕の感覚からすると)低域も十分に出て驚いた。

    そして、それまで持っていた国産の大きめ3wayブックシェルフは全く聴かなくなり、手放した。
    単純に音を気に入っていなかったのだろう。迫力ある低音だったのだが。

    スピーカーは製造メーカー、設計製造国によって音が違うのが当たり前のような気がするが、その差というのは、やっぱり同じ部屋で比較しないとわかりづらい。そして、オーディオ店で良かったからといって、自宅でも同様かどうかは別の話になるかもしれない。

    そのうち記すつもりだが、スピーカーセレクターを購入し、ようやく2セットのスピーカーを鳴らせるようにできた。

    で、その2種類のスピーカーの音の違いは、前述のコンツェルティーノとCDM1との音の違いからすると、思ったほどではなかった(あくまで僕の印象だけど)。ただ、面白いことに日に日に違いが出てきている気がする。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : オーディオ
    ジャンル : 音楽

    tag : スピーカー オーディオ

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR