FC2ブログ

    The Rolling Thunder Revue, the 1975 live recordings/Bob Dylan

    2002年発売のBootleg series Vol. 5の拡大版がCD14枚組で登場した。
    輸入盤だと8千円を切る、大盤振る舞いな価格だ。

    RTR75 (18)
    *左が箱、右がブックレットとCDs

    僕のところにも土曜日に到着。
    コンサートの録音はそれぞれCD2枚組x5日分を、それ以外のリハーサル等は1枚ものx4枚という構成になっている。



    CD1枚ものだけを3枚分ほど聴いた。
    これらはすべてモノラル録音なので、元から発表用として録音されたものではない。

    RTR75 (5)
    *上段が2枚組stereo、下段は1枚ものmono

    コンサートに関しては正規に24トラックで収録されたものを元にしており、当然ステレオで収録。

    DylanのRolling Thunder Revueは、最初に出たアルバム『Hard rain』(1976年発売)が好きだったこともあって、今回の拡大版で『Hard rain』収録の音源も新たなremixで登場するのかなと期待していた。
    が、全く収録されておらず。

    RTR75 (1)
    *『Hard rain』米国オリジナル盤

    調べてみるとそれらは1976年5月のライブ録音であり、Bootleg series Vol. 5と今回の拡大版は、1975年の10~12月の録音とのこと。どうりで、収録されていないわけだ(苦笑)。

    Bootleg series Vol. 5は発売当時よく聴いた。
    76年のアルバム『Hard rain』とは音のまとめ方や音質が全然違っていて、是非とも『Hard rain』も同様のミキシング・音質にして欲しいと思ってしまうほど『Hard rain』のミキシング・音質は、僕には昔から今ひとつだった。

    それでも、あのアルバムで聴けるアレンジは好きだし、ミキシングに関しては演奏よりも歓声の取り入れ方が好きだった。
    なので、これについても、いつか同様にThe Rolling Thunder Revue, the 1976 live recordingsとして発表して欲しいものだ・・・今回のセットが出たので難しいかもしれないが。

    RTR75 (9)
    *箱やブックレットの裏面

    Disc1~3のリハーサル録音は、観客を前にしたライブとは違う雰囲気だが十分に聴ける。これを収録してくれたのはありがたい。

    14枚目のdiscはボーナスディスクで、コンサートからの録音ではあるが、正規録音されたかどうか疑わしい音源で構成されている。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : CD ボックスセット ボブ・ディラン Bob Dylan Rolling Thunder Revue

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR