FC2ブログ

    Pendulum/CCR

    中学の時(1970年代後半)に洋楽を趣味として聞き始めて、60年代ロックを追いかける上で欠かせなかったのがラジオ放送だった。
    今から思えば当たり前の話になるが、過去のヒット曲としてラジオでよくかかる曲は、日本でヒットした洋楽曲だった。Holliesの「Bus stop」がそういう類の代表作か。

    CCR(CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL)の「雨を見たかい(Have you ever seen the rain)」もそういう1曲だった。それは、彼らの6枚目のアルバム『Pendulum』(1970年作)に収録。

    pdccr (26)
    *左:米国オリジナル盤、右:米国再発盤



    『Pendulum』は、ほぼCCRの最後の作品とでも言える、メンバー4人で制作した最後のアルバムだった。次の『Mardi Gras』がグループとしては最後の作品となった。

    個人的には『Pendulum』以前の5枚のアルバムの中に彼らの最高作があり、『Pendulum』はどちらかといえば凡作のように思っている。

    pdccr (22)
    *ジャケット裏面(順序は先の写真のまま)

    「Have you ever seen the rain」で彼らを知ったけれども、この曲でさえ彼らのベストシングルとは言えない。そういうことは、友人に彼らのベスト盤を借りてわかった。特に何度も繰り返し聴いたのは「Born on the Bayou」だった。「Have you ever seen the rain」は正直、聞き飽きていた(今も)。

    そういう意味では、CCRのLPを取り上げるにあたって、わざわざ『Pendulum』を選ばなくても良さそうなものだったが、これを取り上げたいと思えた理由は、ようやく手に入れた米国オリジナル盤の音質に落胆したからなのだった。

    pdccr (19)
    *米国オリジナル盤は見開きジャケットになっている、再発はシングルジャケット

    僕の知る限り、少なくともCCRの2nd~4thアルバまでは、ジャケット裏面にバーコードが入った再発盤(おそらく80年代プレス)でなくとも、音質は十分に良かった。

    先にその再発盤について記すと、正直、耳を疑うほどに音が良かった。
    マスタリングの違いで60~70年代プレスとは音質が違うかもしれないが、聴き比べても遜色ないどころか、「どちらも良い」としか言えないレベルの音質を維持していた。

    pdccr (7)
    *レーベル:米国オリジナル盤

    『Pendulum』については、さほど評価していないアルバムなので、再発盤があれば十分と思っていたが、残念なことに再発盤の中では他の作品より音質が劣る気がしていたのだった。なので、発売時のプレスではどうだったのだろうか?と気になっていた。

    で、ようやく手に入れて聴いてみると、なんと米国オリジナル盤なのにこの程度の音質か!と落胆させられた。

    pdccr (13)
    *レーベル:米国再発盤

    要するに、大本のアルバム用セッション録音時に良い音で録れていなかったならば、何をやったところで良い音にはならない。これはまさにそのことを示していたのかも、と思った。音質面では再発のほうが優れている。大きな違いは低音域がソリッドで、オリジナル盤ほどに図太くない点。

    で、最後に数年前に発売のLP Box set収録盤とを比較すると、こちらは再発盤よりもさらに世代が若い音をしているではないか!全体の音のバランスは最初のプレスに近づけたマスタリングが施されてある。

    pdccr (1)
    *レーベル:LP Box盤

    でも推測するに、大本のマスターは再発盤のバランスだったのではなかろうか?言うなれば再発盤はフラットトランスファーのような音。でも、80年代のプレスだったので、現代的なマスタリング(・・・高圧縮のことを言ってるわけではなく、マスターテープの高音質再生に基づくマスタリングのことを言っている)ほどに、マスターテープの情報量を引き出せていなかったのでは?

    でも、不思議なことに、このアルバム以前の作品は、オリジナル盤、再発盤、LP Box盤、どれも甲乙つけがたい音質だった記憶がある。このアルバムだけ音質に落差がある?……少なくとも、オリジナルと再発とで差はあるが。

    でも、聴き比べはBox set購入時なので、もしかするとカートリッジを替えたことで、これまで気づかなかった差が現れたのかもしれない。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP stereo 米国盤 音質 CCR Pendulum ボックスセット Box

    コメント

    Secret

    No title

    JDさんお久しぶりです。
    私、CCRは1st~6thまでしか持っていませんが全て英国盤です。でっ英国盤は私のオーディオで聴く上ではどれをいい音の様に聴こえます。JDさんのオーディオの様に素晴らしいものでは無いですがごく一般的なオーディオで聴いていますが特に音が悪いとかは無いですよ・・・Pendulumも同様で私が聴く上ではCDを聴くよりはるかにいいですよ~

    Re: No title

    TETSUさん、こんばんは。
    コメントいただくのは、久しぶりですかね。

    > 私、CCRは1st~6thまでしか持っていませんが全て英国盤です。でっ英国盤は私のオーディオで聴く上ではどれをいい音の様に聴こえます。

    CCRのレコードは(僕は英国盤は1枚も持っていないのですが)、オリジナルの米国盤も再発の米国盤も基本的には良い音をしています。でも、『Pendulum』はCCRの他のアルバムよりも確実に音質は落ちますね。そういう意味で落胆したのでした。

    だから、
    >特に音が悪いとかは無いですよ・・・
    それは、そうなんですよ。

    でも、CCRだったら、もっと良い音が聴こえるはず(少なくとも、それ以前のアルバムはそうだったので)と思っていたので。
    あ、ラストアルバムは聴かないので比較にいれてません。

    僕は彼らのアルバムをCDでは持っていませんが、昔出てたSACDは1枚くらいは買っておくべきだったかもとは思っています(SACDも1枚も持っていません)。再発されないですね。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR