FC2ブログ

    Gerry and The Pacemakers Live at the BBC

    久々にGerry and The Pacemakersの強力な未発表音源集が登場した。
    それがこれ、『Gerry and The Pacemakers Live at the BBC』だ。
    GRLBBC (7)

    22曲収録。



    デジパック式ケースにCD1枚セットされてるだけでブックレットも解説もない。

    GRLBBC (3)
    *開けたところ

    となると、ただCDをプレーヤーのトレイにセットしてplayするだけ。
    すると、彼らのまさにXXXXなサウンドが飛び込んでくる!
    XXXXに最も似合う言葉は、もはや死語なのだけれど、まさに「ごきげん」だ!

    音量はできる限り最大にすること。
    あまりにもシンプルなサウンドなのでできる限り実際の演奏時と同じ音量に近づけないと、この素晴らしさを体感できない。

    彼らは他のLiverpool出身グループと同様に1965年頃から人気が落ちて66年には解散してしまうのだが、それは彼らが生粋のrock'n roll groupだったことも関係しているように思っている。
    編成は、Guitar&Vocal,Bass,Drums,Pianoだ。

    シンプルなバンドサウンドなので小さなクラブで客を沸かせるのはお手の物だったと思うが65年からの英米でのロックシーンの変化に合わせ、バンドのサウンドを変化させることは彼らには難しかった。

    でも、Beatlesと並んでCavern clubの客を沸かせた実力のあるグループだったことをこのBBC音源は証明している。

    GRLBBC (6)
    *CDジャケット裏面

    ちなみに、彼らのライブ音源は、1964年の全米公演での録音が当時英国で4曲入りmono EP『Gerry in California』として発表されている。
    その後、同じ公演のフルバージョンがステレオミックスでCD4枚組の編集盤『You'll Never Walk Alone (The EMI Years 1963-1966)』(2008年発売)に収録された。
    (両者はいつか紹介したいと思う。)

    が、残念ながらその4枚組CDセットは日本では全く話題にもならなかった。この『Gerry and The Pacemakers Live at the BBC』も彼らの日本での人気を考えると同じ運命をたどる可能性が高い。

    しかし、British beat好きには是非お勧めする。

    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : CD モノラル Live mono BBC Gerry and The Pacemakers

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR