FC2ブログ

    IN SESSION AT THE BBC 1965-66/Small Faces

    昨年(2017年)のRecord Store Day用に登場したSmall FacesのDecca時代のBBCライブ音源を集めたLP『IN SESSION AT THE BBC 1965-66』がこれ。

    BBCSFacesRSD (15)
    *ジャケット表はデザインがいまひとつに思える

    何故だかわからないが触れ込みは2LPだった……購入してみたら通常の1枚もの。



    僕がこのLPの存在を知ったのは発売後数ヶ月経過してからだったので、どこにも在庫なく購入できずじまいだった。

    内容としては、2015年発売の5CD セット『Decca Years』に含まれていたものと基本的には共通だった。だから、当初買えなかったのは残念だったけれども『Decca Years』は買っていたので、まぁ、無くとも困らなかった。
    欲しかった理由としては、彼らのBBCライブのLPを正規盤で1枚くらい持っておきたいと思っていたからに過ぎない(LPは2枚しか出てないけど)。

    BBCSFacesRSD (11)
    *ジャケット裏面、MP3ダウンロードカード付属

    それがネット販売品として登場した、とHMVから少し前にメールが届いたので、それなら買ってみようかと注文したわけだ。

    外装ビニールから判断すると、実店舗で販売していた商品を引き上げてOn lineでの販売に切り替えたようだ。実際の販売価格(=僕の購入価格)は3000円を下回っていた。念のために記しておくと、新品だ。

    BBCSFacesRSD (5)
    *内袋

    前述のごとく、内容は『Decca Years』に含まれていたものと基本的には共通。違いは、音質の悪い録音をB面の後半に配置してある点。CDでは収録順に並べてあったので、全体の真ん中くらいで登場したが、レコードの場合、内周が音質的に劣るためあえてこの位置に移動させたのだろう。正しい判断だ。

    BBCライブものとしては、B面最後の放送分を除き、十分に楽しめる音質だ。それはCDと変わらない。それ以上に、いつ聴いてもSteveの熱唱には心を打たれるものがある。

    BBCSFacesRSD (8)
    *内袋(逆面)

    以前にも記したが、初回収録分(最初の3曲)では当時のバンド内の力関係か?途中で脱退するJimmyがメインボーカルを取る曲が2曲、Steveが1曲となっている。しかもSteve顔負けの激しいリードボーカルを聞かせる。これでは、Steveにとっては目の上のたんこぶみたいな存在だったことだろう。

    BBCSFacesRSD (1)
    *レーベル

    それにしても、表ジャケットのデザインのひどさと言ったら……わざわざメンバーを切り抜くのは、背景に何かまずい建物や看板が写っていたせいかもしれないが、おかげで締まりのない写真に思えて仕方がない。それならば、内袋で使用したTVスタジオ?での演奏シーンの写真を表に使ったほうがずっと格好良かったのではなかろうか。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP モノラル mono RSD Small Faces

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR