まだこれから登場するLP Box setsなど

0 -
米AmazonのWhite Album 4LP版の価格が本体のみで1万円を下回った。これから、4LPや2LPの輸入盤の価格も徐々に下回ってくる可能性がある……僕は買わないけど。

そういうのをネットで見学していたら、Kate Bushのボックスセット(3つのLPセットが出る模様)やRolling Stonesのベガーズバンケットの50周年記念セットの発売を知った。
Kate B LPset1
*Amzon USの商品ページより

他にもこれからボックスセットがいくつか出るかもしれない。



アナログ関連の商品では、一昨年までは味気ない再発ジャケット+チェコプレスのLPを採用し、全スタジオ録音LPを窮屈なボックスに詰め込んだ比較的安価なボックスセットが多く出回っていたが、今年は(ジャケットの作りはどうなるか不明だが)高額な方向へ進んでいるようにも思える。

もしかすると、少し前に紹介したManfred MannのLP Box setも同じ類だったのかも。

またまた苦言を呈するなら、ベガーズバンケットの50周年記念セットの国内仕様版だろうか。
LP1枚、12インチシングル1枚、インタビューソノシート1枚+おまけという内容で税込み約9300円!!!。

AmzonUS Beggers
*Amzon USの商品ページより(こちらは輸入盤の仕様)

海外だと送料別で5~6千円なので、さすがにぼったくりではなかろうか?・・・とは言え、この値段も高いように思う。



さて、以前記したKinksの『The Kinks Are The Village Green Preservation Society』SDEセットは、ようやくAmazonの価格も出て、個人的にはAmazonで買うのが最安値かなと思っている。けれども、既に英国Amazonに予約を入れている。

送料込みの価格は、クレジットカード決済時の為替レートによって決まるが、現時点でほぼ同額くらい。

これは僕の持論だが、本国向け商品は、内容物も盤のプレスも確実にOKなものを優先出荷し、ちょっと気になるもの(例えば、盤にスレがあるとか、おまけが全数入ってるかチェックし忘れたとか)は全て輸出に回すという傾向が商品としてのレコードにはずっと付きまとっている、ある意味文化と言えるのかも。

今回値段だけで見れば日本のAmazonに乗換えしても良さそうなのだが、この持論があるため、あえて英国への注文を生かしたままにしようと決めた。届くのは1週間ほど遅れるだろうし、梱包箱は凹みなどできる可能性もあるが。
結果はどうなることやら。


関連記事
ページトップ