FC2ブログ

    Through the past darkly その2

    こないだ久しぶりに『Through the past darkly』を聴いて驚いたことがあった。US盤収録の「Paint it black」の音質が記憶にあったものよりもずっと良かったのだった(笑)。

    その理由は何度も記しているように、現在の部屋・オーディオセットが僕自身におけるこれまでで最も高音質な再生を実現しているからに違いない。あくまで僕自身の経験上の音質差の話だ。

    DSCF2143.jpg
    *こちらはシングルジャケットの英国再発盤、右上にMono/Stereo確認穴がある



    もうひとつ恥ずかしながら「She's a rainbow」の終わりの部分、
    米国盤では長尺で収録されていたことに今頃気づいた
    (いや、過去にも気づいていたが忘れていたのかも……)。
    それと、よりによって「Mothers's little helper」は擬似ステレオだった……。

    過去にこのLPの英米盤等を取り上げた際に次のように記した。

    「ちなみに、当時のStereo盤LPでの音を比較すると、ぱっと聴いて良い音だなと思うのは英国盤でなく米国盤。左右の音の分離・広がりも英国盤よりも良い。」

    米国盤の音が良いと思えてしまう理由は、いくつかあってひとつはカッティングレベルが高いこと。
    そのため、再生ボリューム位置が同じなら米国盤の方が音量が大きいため音が良いと思ってしまう。

    もうひとつは、音の調整。英国盤との比較で米国盤は音がカラっとしていて抜けが良い。特にボーカルが目立つ。

    これに対し、英国盤は湿り気、陰りのある音で、ボーカルは微妙にマスクされているかのような音作りとなっている。

    ただし、曲によっての違いもあり、例えば「Dandelion」で比較すると英国盤の方が低音域は米国盤よりも沈みなおかつ柔軟性のある音に聞こえるのでこの曲について言えば、僕は英国盤のほうが良い音に思える。

    英米で収録曲が異なったり、曲順も異なることから、外周の曲はいずれにせよ音質的に有利なのでそのあたりも英米で曲ごとに音質の印象が異なる理由のひとつかなと思える。

    過去記事で紹介しなかった各国盤のうち、ドイツ盤とフランス盤についていくつか紹介しておこう。

    まずはドイツ盤から。
    ドイツ盤の8角形ジャケットは、おそらく初版。

    DSCF2140.jpg
    *ジャケットは見開き仕様、こちらは裏面

    ドイツ製で、表裏コーティングあり、レコード取り出し口が内側にあるタイプ。これには、英国プレスのBoxed Deccaが入っていた。

    ドイツの再発盤は八角形に自分で切り取りできるように破線が印刷されてある(笑)。

    DSCF2146.jpg
    *ドイツ再発盤

    シングルジャケットで裏面は見開き内側の写真を使用。
    収録曲は英国盤準拠で、音質は英国盤よりも劣るように思えた。

    次はフランス盤。
    フランスの8角形ジャケットもおそらく初版。

    DSCF2133.jpg
    *フランス盤初版らしき、ジャケット裏面

    但し、シングルジャケットなので、もしかすると当初はドイツ盤や英国盤が流通していたのかも。
    音質は、英国盤よりも中音域が薄いが、それほど変わらないレベルに思える。

    再発盤で、独自ジャケットを使用したシリーズものの1枚がこれ。

    DSCF2149.jpg
    *フランス再発盤、ロックンロールサーカスの写真を使用

    これも収録曲は英国盤準拠。

    DSCF2152.jpg
    *再発ジャケット裏面(いつもの表面を使用)

    このシリーズ、音質はアルバムごとにまちまちで全般的には英国盤よりも劣る印象なのだが、これに関してもフランス初版同様の音質に思えた。カッティングは異なっている。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP 米国盤 ステレオ stereo 英国盤 音質 Rolling Stones ローリングストーンズ

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR