FC2ブログ

    『Breakin It Up on the Beatles Tour』は当時発売禁止に?

    これについては僕自身正しい答えを知らないので、あえて取り上げることに。

    519rqhZKsvL.jpg
    *Amazon商品ページより、数年前に再発された英国RPMからのCD

    米国の女性singer song writer、Jackie DeShannonが1964年(秋)に発表した2ndアルバム『Breakin It Up on the Beatles Tour』は、発売後にBeatles側からのクレームで発売禁止になったとされる話を日本では時々目にするが、それは本当の話なのだろうか?



    Jackie DeShannonは、British beatファンならほぼ知っていると思われるアーティストだ(Beatlesファンはどうかは知らないが)。SearchersがJackieの曲をカバーして英国で大ヒットさせているからだ。

    Jackieは、1950年代の半ばに10代でデビューしているが、1960年から契約を交わすLiberty/Imperial records時代に始めてシングルだけでなくアルバム発売を開始する。
    デビュー当初はロカビリー、C&Wなどを歌いながら、song writerとしても他の歌手に曲を提供していた。

    JackeyD0530 (15)
    *1stアルバム『Jackie DeShannon』、Mono(左)、Stereo(右)

    ところが、1963年に発売された彼女の1stアルバム『Jackie DeShannon』の内容は、それまでとは路線が違って、当時米国で流行っていたフォーク・プロテストソングを歌うものだった。僕なんぞ、LPを手に入れて聞いてびっくりしてしまった。
    Jackieのインタビューによると、当時Bob Dylanが歌うのを観て自分も歌いたいと思ったようだ。でも、アルバムは売れなかったし、それ以前に発売した数々のシングル曲は曲調が異なるためほぼ収録されずじまい。

    1964年にはBeatlesの米国ツアーのサポートアクト(前座)に選ばれ、米国内をツアーすることになる。その年の後半に出たのが、それまでに発表していたシングル曲(1962~64)をアルバムの形にまとめた『Breakin It Up on the Beatles Tour』だった。
    しかし、これも売れなかったようだ。

    翌1965年にシングル「What the World Needs Now Is Love」が大ヒットし、Imperial recordsはこの機を逃すまいと同曲収録の3rdアルバムを発表。さらに、同年には1stアルバムを主体にジャケットと選曲を変更して4thアルバムの『In the Wind』として発売。

    JackeyD0530 (9)
    *4thアルバム『In the Wind』、Mono(左)、Stereo(右)

    さらに1966年(65年説も)には同様に2ndの『Breakin It Up on the Beatles Tour』を主体とする別ジャケット・別選曲の5thアルバムを『You Won't Forget Me』として発売している。2ndの発売から1年と数ヶ月しか経過していないことになる。

    JackeyD0530 (7)
    *5thアルバム『You Won't Forget Me』(Stereo)Monoが見当たらず……

    このように、Imperial recordsそのものが、昔のカタログを手を変え品を変えて新商品として売り出すことに必死だったこともあって1stと2ndは再発されなかった。結果その後、高値で取引されるようになるわけだが、特に2ndはアルバムタイトルにBeatlesが付いたおかげか?中古市場では1stよりも人気があるみたいだ(それ以上に、内容的に良いからだと思う)。

    過去25年ほどで中古屋で目にした枚数は、僕の場合、1stも2ndもほぼ数は変わらないぐらい。但し、2ndの方が圧倒的に高額だった。1stも僕には高額だったのだが。

    JackeyD0530 (1)
    *『You Won't Forget Me』収録曲

    でも、『Breakin It Up on the Beatles Tour』はBeatles側からのクレームで発売禁止になったという話は、それこそ日本の中古レコード屋やオークションでの説明で(値札を高額にする理由として)目にすることはあっても、海外のサイトではまだ目にしたことがない。だから、それって日本だけの都市伝説みたいなものではなかろうか?と思っているのだが、現状としては、海外でも1stより2ndが高額かもしれない(理由は発禁でなく、内容やBeatlesタイトルによるものかもしれない。流通期間が短いのは確実だ)。
    で、本当はどうなのだろう?

    という事で、何かご存知のかたは是非教えてほしい。

    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP 米国盤 Jackie DeShannon ジャッキー・デシャノン

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR