FC2ブログ

    Bob Dylan’s greatest hits 英国仕様

    レコードを整理していたら久しぶりにこのジャケットを見かけ、引っ張り出してきた。

    bobgh2018 (25)
    *ジャケット表はコーティングあり

    Bob Dylanの英国仕様『Bob Dylan’s greatest hits』、英国オリジナルのモノラル盤だ。

    ところが数年ぶりに聴いて今頃気がついた。これって、偽モノではないか!がっかり。



    とは言ったものの、これを買った20数年ほど前は、モノラル盤だということで喜んで聴いていたのだった。当時はまだ米国オリジナルのモノラル盤を持っておらずだった。

    『Bob Dylan’s greatest hits』の英国仕様盤は、見てのとおり米盤と別ジャケットだし、収録曲も異なっている。

    bobgh2018 (19)
    *裏面、折り返しあり

    オリジナルと言える米国盤は10曲収録だが英国仕様では12曲。

    bobgh2018 (10)
    *こちらは米国オリジナルモノラル盤のジャケット裏面(左は付属のポスター)

    米国盤と9曲はかぶっているものの、米国盤の目玉と言える「Positively 4th street」を英国仕様には収録しておらず、その代わりに「She belongs to me」「It's all over now baby blue」「One of us must know」を収録。「Positively 4th street」は英国ではヒットしなかったのか?

    bobgh2018 (1)
    *英国盤レーベル

    選曲や曲順が違うだけでなく、音質も全然違うことに今頃気がついた。それは偽モノだからと言うのもあるのかもしれないが、それ以上に低音域が含まれておらずスカスカだ。
    米国オリジナルモノラル盤の低音域とは雲泥の差。それだけでなく、マスターの世代が大きく違う。3世代ほど違うのでは?と思えるほどに劣った音質だったとは……。

    と、がっかりする内容だったことを購入から20年以上経過して初めて知った次第。
    唯一良いのは表ジャケット写真やコーティングありの作りくらいか。

    bobgh2018 (13)
    *米国オリジナルモノラル盤

    ここまであえて記さなかったが、米国オリジナルのモノラル盤はモノラルマスターを使用しており、ボーカルがリバーブ処理された「Mr. Tambourine Man」「Like a Rolling Stone」が聴ける。前述のように低音域もちゃんと音溝に刻まれていて、上から下までの音のバランスが良い。

    bobgh2018 (6)
    *米国盤レーベル(360 sound Mono)

    今後は、英国モノラル盤を聴くとすれば、音質劣悪盤同士の比較用か?(苦笑)



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP モノラル 英国盤 米国盤 ボブ・ディラン Dylan

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR