FC2ブログ

    POLNAREFF A TOKIO

    Michel Polnareffの23枚組CDセット『Pop rock en stock』には、日本のみで発売された72年の日本公演の模様を収めたライブアルバム『POLNAREFF A TOKIO』も単体CDとして正規に収録された。
    これについては、古くからの日本のファンはすぐに飛びついたことだろう。

    PolATokio (22)
    *『POLNAREFF A TOKIO』、中古で本当に良く見かける、500円程度だ

    そして、Amazonのレビューでは、オリジナルのアナログレコードの方が音が良かったと言う声が複数上がっている。でも僕はその意見には賛同できない。実際に聴き比べて、決してそんなことはないと思った。



    『POLNAREFF A TOKIO』を聴いたのは、震災以前なのは確か。何年も聴いてなかった。

    このLPは当時の流行だった4チャンネルステレオLPで発売されている。
    このブログをご覧の方はご存知の通り、4チャンネルステレオLPは通常の2チャンネルステレオシステムで再生可能だ。だから、僕は一度も4チャンネルで聴いたことがない。そのことに対しての不満も特に無い。

    PolATokio (2)
    *SONYのSQ4方式

    初版は見開きジャケットだったが、再発盤はシングルジャケットだったかもしれない。
    再発においても同じマスターからカットされているので4チャンネルステレオのアナログLPしか存在しない。それは、日本ではこれの一つ手前の4チャンネルステレオ作品となる名盤『Polnareff's(ポルナレフの世界)』の国内盤LPも同様で、日本では初版から再発盤までずっと4チャンネルステレオのLPしか製造・販売されておらず、正しい2チャンネルステレオ盤は輸入盤LPで聴く以外に方法がなかった。
    CD化以降は、世界的にオリジナルのステレオのみとなった。

    PolATokio (13)
    *見開きジャケット内側に解説など

    おっと、横道にそれてしまった、失礼。
    冒頭で述べた「アナログ盤の方が音が良かった」と言う声によると、海賊盤にありがちなノイズが気になったとあるのだが、改めて『POLNAREFF A TOKIO』を聴くと、記憶にすらなかったがA-1の出だし左チャンネルの音は今回のCDセットに収録されたものと同様にノイズが入っている。

    いや、小音量で聞くとノイズっぽく思えるかもしれないが、音量を大きくして聴くと、これはPAのスピーカーがベースアンプからの低音に共振して振動してしまうことで発せられた振動音だとわかる。つまり、実際にステージで出ていた(聞こえていた)音だ。CDの製造過程や正規盤から板起こしする際に出るノイズとは全く別物。

    PolATokio (6)

    PolATokio (7)
    *見開き内の写真ページ

    だから僕がここで2点言っておきたいのは、正規の国内LPにもノイズのように聞こえる音は入っているという点と、これは製造過程等で混入したノイズではなく、収録(録音)されたテープに含まれる実際のコンサートの音だということ。この2点が確認できれば、過去のアナログ盤の方が音が良かったなどとは決して言わないだろう。

    申し訳ないが、レビューされた方々は、手持ちのオリジナルレコードを実際に大きな音で聴いてCDと比較されていないのだろう。なぜなら、もし聴き比べていたならば、今回のCDがアナログ盤と違っていた点に気づいて驚いていたはずだから。
    CDのイントロ部分の歓声~曲スタートの編集が、アナログ盤と今回のCDとで違っているのだ!

    CDの方は大きな歓声からスタートしているが、レコードでは少し静まった歓声からスタートし、曲前で歓声が大きくなる。

    もしCDの方がイントロが短ければ「新たに編集したのだな」で片付くが、今回は逆で、CDのイントロのほうが長い。となると、考えられる可能性は2つ。
    一つは、ミックス済みのオリジナルマスターそのものが実際にはイントロが長かったが、LP用の原盤を作る際に冒頭をカットして使った。もう一つの可能性としては、イントロにどこか別の箇所の歓声をコピペして貼り付けたのかも(笑)。デジタルならばそんな編集は簡単にできるのだから。

    でも、わざわざコピペする理由も見当たらないし、ミックスもアナログとCDとで完全共通なのか?僕にははっきりしないこともあって(もしかすると未使用の2チャンネルステレオミックスが存在していた?)これは、新たに対応したものだとは考えにくい。
    *これの海賊CDが出回っていたこともあるので、海賊業者が製作した独自ミックスをそのまま採用?でも、音質は正規盤レベルだしね……

    PolATokio (15)
    *見開きジャケットの裏面

    イントロ以外の曲の編集や曲間の編集などは、レコードと同様に思えた。例外は、A面終わり~B面始まりをCDでは間髪無くつなげている点。

    と記しながら、実はB面スタート以降はまだ比較できていないので、今のところA面全部~B面開始部分までの比較となる。


    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP Michel Polnareff CD ポルナレフ Pop rock en stock

    コメント

    Secret

    No title

    こんばんは。私もAmazonのレビューはちらちら見て、ちょっと気になっていました。肝心の聴き比べはまだできておらず、今回のCDはオーディオでの再生、パソコンに取り込んでi-phoneでの再生、それぞれ1回ずつですが、特に音が悪くなっている印象はありませんでした。
    それよりも気になっているのは、アルバム自体はSQ4chのみでのリリースでしたが、73年だか74年のギフト・パック収録分、そしてシングル「火の玉ロック」が、表記はステレオだったので、ミックスが同じだったのか違っていたのか、なんです。わざわざ買って聴き比べたりはしていないのですが。

    Re: No title

    鳩サブローさん、こんばんは。

    > 肝心の聴き比べはまだできておらず、今回のCDはオーディオでの再生、パソコンに取り込んでi-phoneでの再生、それぞれ1回ずつですが、特に音が悪くなっている印象はありませんでした。

    LPとCDを比較して聴く限りにおいては、もしかすると今回のCDは、音がフレッシュになってるかも?という気さえします。

    > それよりも気になっているのは、アルバム自体はSQ4chのみでのリリースでしたが、73年だか74年のギフト・パック収録分、そしてシングル「火の玉ロック」が、表記はステレオだったので、ミックスが同じだったのか違っていたのか、なんです。わざわざ買って聴き比べたりはしていないのですが。

    そのシングル持ってます。年末年始に時間があればLPと比較してみようかと思います。単純に考えれば、同一マスターかなと思いますけどね。

    他にも何か気づいた点などあれば、鳩サブローさんのブログでも取り上げられることを期待しています。
    では、良いお年をお迎えください。

    CBSソニーの日本公演ライヴ盤

    JDさん、こんばんは
    「ポルナレフ・ア・トキオ」やっとCDになったんですね。国内盤は出ないのかな?
    私もLPで聴いてきました。内容が同じなら「愛の休日」のギターソロはズッコケのままですね(笑)
    このアルバムはかなり売れたのでしょうから、サンタナのロータスのように完全版やSACD化して欲しいのですが、ポルナレフが渋ってるんでしょうかね?
    個人的には、あとは「ドノヴァン」の日本公演の完全版CD化を希望しています。

    Re: CBSソニーの日本公演ライヴ盤

    ニブさん、こんばんは

    > 「ポルナレフ・ア・トキオ」やっとCDになったんですね。国内盤は出ないのかな?

    現時点では単体販売は不明ですね。でも、可能性はあるのでは?

    > 私もLPで聴いてきました。内容が同じなら「愛の休日」のギターソロはズッコケのままですね(笑)

    はい、その通りです(笑
    なんでああいう演奏になったのか?不思議ですよね。

    > このアルバムはかなり売れたのでしょうから、サンタナのロータスのように完全版やSACD化して欲しいのですが、ポルナレフが渋ってるんでしょうかね?
    > 個人的には、あとは「ドノヴァン」の日本公演の完全版CD化を希望しています。

    日本公演の完全版って、マルチトラックのマスターが残っていれば、世界的に需要がある気がします。
    実現して欲しいところです。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR