FC2ブログ

    Beatles Box (From Liverpool) その2

    その1で記した通り、『The Beatles Box (From Liverpool)』国内盤の音質は、国内EAS規格のアルバムとの比較で非常に良かった。

    Liverpool8 (31)
    *前回同様、英国盤セットの写真

    僕は最初、中古屋で新品ばら売りされていた国内盤の1枚を500円で購入したのだが、聴いてみると音質が非常に良いと思えた。
    その後90年代中頃だったと思うが3000円ちょいで国内盤セットを購入(この頃既にAランク品の中古市場価格はその程度だった)。90年代後半以降に英国盤のセット、さらにはフランス盤、オーストラリア盤を購入。それらはいつか聞き比べする楽しみのために取っておいた。



    今の住まいに来てようやく、英国盤とフランス盤とを聴き比べし、個人的には英国盤の音質のほうが好ましく思えた。と言うのも、初期音源を聴く限りフランス盤は英国盤以上に明るめ(brighter)の音で、英国盤でさえやや明るめなのに……と言う印象からのこと。

    Liverpool8 (5)
    *手持ちの各国盤ジャケットを並べた(クリックで拡大)

    今回、英仏豪日のカッティングを比較したが4者とも別カッティング。
    英国盤は、最も若いマスターからカッティングされていると思われるが、それでも、それぞれの曲をオリジナルマスターからコピーして曲順に合わせてつなぎ、新たなマスターを制作していることになるので第二世代のマスターから制作ということになる。

    他の国はさらに、英国用マスターテープのコピーテープ(つまり第三世代)からのカッティングなのかな?と推測される。

    けれども、英仏はほぼ音質にマスターテープの世代差を感じさせないように思えた。これらは他の2国のプレスよりもカッティングレベルが高い。一番低いのはオーストラリアプレス。

    Liverpool8 (10)
    *英国盤以外のジャケットはLP2枚目の裏焼き修正済み

    豪日と英国盤とを比較すると、ここでは1世代差があるのかなと思えてしまう。でも、単体で聴けば気になるレベルではない。感覚的に言うなら英>仏>豪>日のような気もするが。

    それと、豪日は英国盤ほどにbrighterな音ではないのが好ましく感じられる人もいるだろう。特にオーストラリア盤は、多くの人がイメージするアナログっぽい音なのかなとも思える。国内盤はなんというか、悪くないが味気ないと言うか、音質は良いけれどいつもの国内盤の質感も踏襲している。これが個人的には旨みを感じない音なのだ。

    国内盤が他国盤よりも唯一優れる点は盤質にある。盤質起因のノイズがほぼないのは国内盤のみだ。逆に言えば、他国のプレスが国内盤と同様の盤質になったなら、より高音質に思えるはず。

    僕自身は昔から、自分独自の見解として、このセットのマスターテープはデジタルの可能性もありえるのかな?と想像していた。英国で編纂するにあたり、米国編集の『Rarities(=Rarities Vol.2)』用のマスターなど、デジタルコピーを取って英国に送ったのかな?と。まだCDが商品化される前だが、デジタル録音そのものは1970年代後半からあったし、通常、編集盤の場合、ばらばらの音質の音源をひとつのリールにつなぐため(しかもコピーテープを使うため)音質的にはシングルやアルバムよりも不利になるのだが、当時の一般的なテープコピー環境を踏まえると、デジタルコピーのほうがアナログコピーよりも劣化は防げそうな気がしていた。

    でも、今回の比較を通して、やっぱりこれはアナログのtape to tapeでマスターを用意したのだろうと結論付けた。米国編集の『Rarities(=Rarities Vol.2)』で初登場した新規ミックスが他よりも音質が劣るように思えたからだ(もともとそういうレベルの音質の気もするが…)。

    Liverpool8 (6)
    *フランス盤の内袋

    面白いことに、フランス盤のセットには当時最新技術のDMM用の内袋が使用されている(ただし、BoxのどこにもDMMとは謳っていない)。実際の盤面から判断すると、アナログプレスっぽい面とDMMっぽい面とが混在している。フランス盤の音が高域がきつめの音に聞こえるのもDMMっぽい印象を受けてしまう。

    でも、実際のところは不明と言うよりも、これについては可能性は低いように思う、もしDMMならレーベルあるいはジャケットあるいは箱にその旨記載するに違いないからだ。何せ当時としては高音質をもたらす技術として注目を浴びていたわけだから、そんな大切なことを記載しないわけがないではないか!と言うのが僕の考え。
    果たして真相はどうなのだろう?




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ レコード LP ボックスセット

    コメント

    Secret

    No title

    こんにちは 私はこのBoxセット オランダ盤を持ってます これも非常に良い音です このセットはレアミックス聴けて重宝ですよね

    Re: No title

    chusanさん、こんばんは。はじめまして。

    > こんにちは 私はこのBoxセット オランダ盤を持ってます これも非常に良い音です 

    オランダ盤も登場していましたか、僕は知りませんでした。
    情報ありがとうございます。

    >このセットはレアミックス聴けて重宝ですよね

    それと、曲順が独特なのが、良い意味でも悪い意味でも新鮮に聞こえるときがありますね(苦笑)。



    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR