FC2ブログ

    The soul album

    『The soul album』はOtisファンでない人にはそれほどインパクトがないかもしれない。
    Otisのボーカルは静かに、しかし熱く語りかけ、バンド全体のサウンドは落ち着いた印象だ。

    soulalbummono (3)
    *今年発売の再発mono盤、ジャケットのトリミングはstereo盤に準拠

    それがこのアルバムで狙った〝soul〟っぽさだったのかもしれないし、一つ前のアルバム『Otis blue』とは違った作品にしようと狙った方向だったのかもしれないけれど。



    前にも書いたけれど、僕は『Otis blue』を彼のアルバムの中でベストだと思っている。
    あるいは、スタジオ録音でなくライブ録音の『Live in Europe』も同じくらい素晴らしいと思っている。
    それらと比較すると、『The soul album』はOtisを含めたバンド全体のテンションがやや低めな気がしてしまう。

    それはたぶん、収録曲全てのクオリティが均一に高いわけでないことが理由なのだろうと思う。良いものもあればそうでないものもある。

    soulalbummono (5)
    *ジャケット裏面

    たとえば、B2「Scratch My Back」はオリジナルのSlim Harpoのバージョンの方がずっと良い。面白い点と言えば、アレンジで、後のBeatlesの「Come together」のbassラインを連想させることくらいか。

    収録曲全てのクオリティが均一でないことは、次の作品でも同様だと僕は思っている。

    soulalbummono (18)
    *再発盤のレーベル

    さて、今年になって、Rhinoから『The soul album』mono盤が再発されたので買ってみた。
    こちらだけを聴くと、なかなか良い再発盤だと思える。何よりも低音域がぶっとくて、オリジナル盤はここまで強力だったっけ?と思えてしまう。

    と言うことで、ジャケットがぼろい手持ちのオリジナルmonoを比較に聴いてみると、え?と驚いてしまう。

    soulalbummono (10)
    *米国オリジナルmono盤

    個々の楽器や声がそれぞれ再発盤よりも明瞭だ。再発盤はオリジナルよりも音が一つに固まったような印象を受ける。
    だから、オリジナルのほうがOtisの歌がよりはっきりと聞こえる。

    soulalbummono (12)
    *オリジナルジャケット裏面

    低音域は予想通り、再発ほどにはぶっとくないが締まっていて、これだけ聴く限り不足を感じない。A-2のスネアの音など、こちらの方がリアルさがある。
    と言うことで、僕のオーディオで聴くと、オリジナル盤の方が好ましい音をしているように思えた。

    soulalbummono (16)
    *オリジナル:ジャケットはぼろかったが盤質は良かった

    近年は『The soul album』のmono盤も昔ほどの高額ではなくなっている気もするが、それでも再発盤のほうが新品でも安価だと思う。
    そういう意味では、今回の再発盤はオリジナル盤の代替品として悪くはない気がする。余裕のある人にはオリジナル盤をお勧めする。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Otis Redding オーティス・レディング レコード mono ソウル

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR