France Gallのデビュー盤と2枚目

    前回、前々回からの流れを考えると、この機会にFrance Gallのデビュー盤(1st EP)と2nd EPを紹介しておくのが一区切りつけるのにベストかなと思えた。

    そのデビュー盤と2ndがこちら。

    FG_EP1and2 (22)
    *フランスオリジナル盤

    2枚でなく3枚あるのは、2nd EPのジャケットがすぐに差し替えされたから。



    デビュー盤(1st EP)は1963年11月の発売。

    FG_EP1and2 (14)
    *ジャケット表面はコーティングあり

    この時France Gallは16歳。録音時点ではまだ15歳だったようだ。

    前回、ジャズっぽい曲を持ち歌にしていることを記したが、それはFranceのデビューをサポートする面々にジャズミュージシャンで作曲家・アレンジャーのAlain Goraguerが加わっていたことが大きく関わっている。

    FG_EP1and2 (11)
    *ジャケット裏面

    1st EP収録の「Pense à moi」は明らかにジャズっぽい曲だ。
    レコード発売前にラジオで流れたという「Ne sois pas si bête」は、米国の女性グループTHE LAURIE SISTERSが63/8に発売した「STAND A LITTLE CLOSER」をすぐにカバーしたもの。
    もう1曲の「Ça va je t'aime」もカバーで、オリジナルは4人組の男性コーラスグループThe Crew Cutsの「Hip - Huggers」。それら本家の演奏も今ではネットで簡単に聞ける。ほとんど同じ雰囲気だ。
    残る「J'entends cette Musique」は、「アルビノーニのアダージョ」として知られる曲に歌詞をつけたもの。

    1964年3月の2nd EPは、前述のごとくジャケット写真が変更となっている。

    FG_EP1and2 (9)
    *こちらが初回ジャケット

    自分の感覚だと、初期ジャケットの流通比率は差し替え後のジャケットの1/4程度だろうか。

    FG_EP1and2 (1)
    *差し替え後のジャケット(これは本人のサイン入り)

    聞いた話だと、France Gall本人が初回ジャケットの写真が気に入らなかったとのこと……真偽は定かではないが、初回ジャケットは子供っぽく見えるのかも。

    FG_EP1and2 (5)
    *ジャケット裏面は、差し替え関係なく同じ

    ここには前回記した通り、初期の代表曲のひとつ「N'écoute pas les idoles」を収録。Serge GainsbourgがFrance Gallに提供したの最初の曲になる。
    個人的に好きな曲は、Drumsの音が面白くて軽快な「Si j'étais Garçon」。
    他の2曲はややおとなしめの曲か。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽
    ジャンル : 音楽

    tag : France Gall フランス・ギャル フランス盤 EP レコード

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR