FC2ブログ

    クリスマスアルバム

    今年は2枚だけクリスマスアルバムを聞けた。
    昔から好きなのは、Four Seasonsのものや大名盤Phil SpectorのChristmasアルバム。他にもBrenda Lee、Supremes、Gladys Knight and the Pips、Beach Boysのクリスマスアルバムは良く聴いたものだ。
    しかし、それらは聴かずじまいだった。

    代わりに、去年から新たに加わったこれを聴いた。

    chiristasmas.jpg

    もうお忘れの人も多いかもしれないが、Bob Dylanが昨年リリースしたクリスマス・アルバム「Christmas in the heart」。
    これを聴く限り、ここでのDylanはスタンダードナンバーを歌っているような感覚ではなかろうか?と思ってしまう。それぐらいにくつろいだ雰囲気を感じる。

    こいつはなかなか良いアルバムに仕上がったものだ。
    しかし、発売当初のリスナー評価では賛否両論だったので、気に入らない人も多いのだろう。何が気に入らないのかわからないが。

    chiristasmas (3)

    レコードにはCDも付属している。
    BGMにするならCD。オーディオの前で座って、音楽を聴こうと言う姿勢で臨むときはLPで聴く。

    chiristasmas (7)

    CDでは感じなかったが、アナログになるとレーベルもなかなか味わいあるデザインだと思える。そうか、LPでは曲目などが記載されて少し雰囲気が違っていた。

    そして、もう1枚。

    chiristasmas (8)

    これは、Elvis Presleyの最初のクリスマス・アルバム。1957年のリリース。モノラル盤。

    このアルバムは、ただのクリスマス・アルバムではない。
    Rock’n’Roll、Blues、Gospelなどさまざまな要素が含まれた素晴らしい傑作だ。
    全く持って子供向けに制作されていない。これが受け入れられたと言うことは、やはり当時のアメリカは進んでいたのだろう。

    そして、Elvisの歌にはただただ驚くばかり。
    この人は音程を保とうとか、何か技術的な手法で聴かせようなどと考える必要がない、まさに天性の歌手だと思う。

    この多彩な表現と全く破綻しない歌は、本当に唯一無二のものではなかろうか?・・・・・・いや、きっとそうなのだろう。歌手になるべくして生まれてきた人だろう。

    chiristasmas (12)

    このオリジナルの米国盤は非常に凝ったジャケットになっていて、内側には何枚もポートレートが付属している。ただし、この形で発売されたのは57年盤のみで、以降の再発ではジャケットデザインが変更され、シングルジャケットで発売されている。
    そして、後年ようやくオリジナルデザインの復刻盤が緑色のカラーレコードで発売されている。

    chiristasmas (14)
    *レーベルは有名な犬と蓄音機。


    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    JDさん、こんばんは。

    毎回ロックやオーディオのマニアックな内容を楽しく拝見しています。
    エルビスは私も大好きですが、ビートルズだけで精一杯なのでエルビスの作品はとりあえずCDでボチボチと持っているという程度です。

    そんな中から今年は2年前に発売された「クリスマス・デュエット」を聴いて過ごしました。ちょっと反則技みたいな作品ですが「なかなかうまく作ったなあ~」と感心しています。
    クリスマス作品ではありませんが「アメイジング・グレース」(94年のゴスペル2枚組CD)も、なぜかこの時期には毎年聴いています。
    エルビスの高音質レコードの存在もJDさんのブログで初めて知りましたが、これは一度は聴いてみたいと思っています。

    今年ももうすぐ終わりですが、また来年もよろしくお願いします。

    No title

    てらださん、こんばんは。
    いつもコメントありがとうございます。

    確か去年、てらださんが紹介されていたElvisの3枚組のCDは僕も非常に良く聴いていたCDでした。それと、僕も年末になるとElvisのゴスペルが聴きたくなり、良く聴いています。何故でしょうね?でも、この時期が一番似合います。
    「クリスマス・デュエット」は、発売当初気になったものの結局買っておらずです。いつかは聴いてみたいですね。

    こちらこそ、お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

    No title

    JDさん こんばんは

    ELVISのクリスマス・アルバムをオリジナルのジャケットでお持ちとは素晴らしいですね!
    このアルバムはやっぱりこのジャケが一番似合っていると思います。
    例の再発イラスト・ジャケはあんまり好きになれません。

    それにしても、JDさんは出張などが多くてもブログをマメに更新しておられますね。
    とても素晴らしいことだと思います。
    私も見習わなくてはいけませんね(笑)

    Re: No title

    POPOSUKEさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    このレコードは内容は素晴らしいものの、中古での価格は高すぎますね。
    後年に再発された緑色のカラーレコードの復刻版がなかなか良い出来だったので、そちらでも十分だと思いました。

    > それにしても、JDさんは出張などが多くてもブログをマメに更新しておられますね。
    > とても素晴らしいことだと思います。
    > 私も見習わなくてはいけませんね(笑)

    ありがとうございます。
    と言うよりも、まだ始めたばかりだからだと思います。
    来年の今頃はどうなっているのやら、ですね。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR