Mr. Fantasy/Traffic

    先日、ニブさんからのコメントを受けて、久しぶりに聴きたくなり引っ張り出して聴いていたのがTrafficの英国1stアルバム『Mr. Fantasy』(1967年12月発売)。名作だ。

    mrfantasy (4)
    *左:英国オリジナルMono、右:英国再発Stereo

    このアルバムも、僕はステレオ盤を長年聴いているので、モノラル盤以上にステレオ盤の方に愛着がある。



    現行のCDには、英国ステレオミックス+米国での(タイトル違い・選曲違い・ジャケット違いの)1stのモノラルミックスが一緒に収録されるという大盤振る舞いだったと思う。でも、2003年に出た国内盤紙ジャケCDは英国Mono+ボーナストラックだった。

    mrfantasy (8)
    *左:英国再発Stereo(シングルジャケット)、右:英国オリジナルMono

    話をLPに戻す。
    僕の持っている『Mr. Fantasy』ステレオ盤は、確か全アルバムが80年代に英国で再発された際に輸入盤で購入した。
    このアルバムをその時に初めて聴いたわけだが、かなりはまった。個人的には彼らのアルバムで高評価を得ている2ndアルバムよりも、こちらの方がずっと好きだ。

    mrfantasy (17)
    *英国再発stereoのレーベル

    今回聴いて、記憶にあったほどにはぶっ飛んだミキシングではないと思えたが、アルバムジャケットとサウンドはとてもマッチしているように思える。ちょっと謎めいたような、いろいろと仕掛けが飛び出すような、そういう印象は、ミキシング以上に曲のアレンジや使用楽器が創り上げているようにも思える。

    mrfantasy (9)
    *英国オリジナル、見開きジャケット左側

    久しぶりに聴いての発見は、Dave Masonが歌う3曲(全て彼自身のオリジナル)が、彼のpopな歌声と相まって、サイケっぽい雰囲気をかもし出していたと言う点。如何にも67年らしい曲という意味で。

    Dave Masonの曲はあまり好みでないと思っていたけれど、今回聴き直すと3曲ともアルバムのカラーを決める上で重要な位置づけと思うようになった。Steve Winwoodが歌う曲の多くも、曲調や(使用楽器を含む)アレンジ、さらにはミキシングによってサイケっぽく作られているが、同時に彼のボーカルゆえに普遍的な格好良さも目立ってしまう。だから、A-4、B-1などは別に67年っぽいサウンドでないので、もし次のアルバムに入っていても別段気にならなかったかもしれない。

    mrfantasy (12)
    *英国オリジナル、見開きジャケット右側

    なお、このアルバムもmonoとstereoとでミックス違いになっている。
    さらには、米国仕様のLPに収録された曲は英国とは別ミックスというものもあって、LPで揃えようとするとかなり高額になる。

    特に英国盤ではアルバム最後を飾る「Giving to you」は英国mono、英国stereo、米国mono(今回米国stereoが見つからなかったので)とで大きく違っている。演奏そのものは同じだけれど、そこに乗るしゃべり?が全く違うし、米国盤にはイントロがあったり(…英国シングルバージョンと同じかも)。

    mrfantasy (16)
    *英国オリジナルMono、レコードは見開き内側に収納

    そうそう、昔初めて聴いたときに感じたのは、音の良さだった。
    アルバムジャケットのクレジットによると録音はOlympic Sound Studios(今で言うOlympic Studios)で、recording engineerはEddie Kramer。けれどもWikiによればrecording engineerはPhill Brownとある。どちらが正しいのか僕は知らない。

    同じスタジオでの収録で、録音時期と発売時期がほぼ重なる作品が、Jimi Hendrix Experienceの『Axis: Bold as Love』、そしてRolling Stonesの『Their Satanic Majesties Request』。
    収録スタジオは異なるが同時期発売のアルバムが『The Who sell out』。

    『Mr. Fantasy』を含め、英国ロックの重要作品が4枚も同時期(67/12)に発売されていた。何ともすごい時代だ!





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Traffic トラフィック Mr. Fantasy 英国盤 LP mono stereo

    コメント

    Secret

    No title

    JDさんおはようございます。
    今日は月曜日なのですが体調がすぐれず欠勤にしました。50歳を過ぎると年々体力が無くなっていること痛感します・・・
    『Mr. Fantasy』は私は英国ステレオオリジを持っています。MONO音源はCDでしか聴いたことありませんので私もステレオ音源の方がシックリ来ます。
    トラフィックのアルバムはこの『Mr. Fantasy』『Traffic 』『John Barleycorn Must Die』の初期3タイトルが好きですが一番?となると私は一番思い入れのある『John Barleycorn Must Die』が好みですね・・・
    しかしこの『Mr. Fantasy』もステレオは素晴らしい音がしますね!まぁ~初期3枚とも全て音に関してはいいのですが。
    ところでこの『Mr. Fantasy』私の英国ステレオオリジナル盤のジャケットですが他の2枚『Traffic 』『John Barleycorn Must Die』のジャケットよりかなり小さく出来ていますね・・・いつも思うのですがLP保護ビニール袋に入れるとかなり余白が出来ます・・・当時はこんなのが多かったのかなぁ??

    No title

    JDさん、こんばんは

    私はMONOは全く聞いていなかったので、Spotifyでdeluxe editionのUSモノラルを聞いて見ました。Giving to you 大きく違っていますね(笑 歌で始まっていますし、「ガヤ」が少ないですね。
    でもUK MONOは、ステレオと同じ様なテイクかと思いますが、どうなんでしょうね?

    Re: No title

    TETSUさん、こんばんは。

    その後、体調はいかがでしょうか?ぎっくり腰も完治されたのでしょうか?

    僕も50を超えているので、体調が悪い時はできるだけ無理しないようにしています。体調崩した後の回復が遅いんですよね。
    お大事にしてください。

    > 『Mr. Fantasy』は私は英国ステレオオリジを持っています。MONO音源はCDでしか聴いたことありませんので私もステレオ音源の方がシックリ来ます。

    67~68年半ばまでは、英国ではステレオミックスで遊ぶ?年だったように思っています。
    だから、他のアルバムもmono以上にstereoが面白いと思っています。

    > トラフィックのアルバムはこの『Mr. Fantasy』『Traffic 』『John Barleycorn Must Die』の初期3タイトルが好きですが一番?となると私は一番思い入れのある『John Barleycorn Must Die』が好みですね・・・

    僕も同じかもしれません、『John Barleycorn Must Die』が一番好きかも。次が『Mr. Fantasy』になるかな。

    > しかしこの『Mr. Fantasy』もステレオは素晴らしい音がしますね!まぁ~初期3枚とも全て音に関してはいいのですが。

    80年代の再発盤も十分音は良いですが、一度オリジナルプレスも聴いてみたいです。

    > ところでこの『Mr. Fantasy』私の英国ステレオオリジナル盤のジャケットですが他の2枚『Traffic 』『John Barleycorn Must Die』のジャケットよりかなり小さく出来ていますね・・・いつも思うのですがLP保護ビニール袋に入れるとかなり余白が出来ます・・・当時はこんなのが多かったのかなぁ??

    僕の手持ちのmonoは再発stereoとほぼ同サイズでした。小さい印象は無いですが……。

    Re: No title

    ニブさん、こんばんは

    > Spotifyでdeluxe editionのUSモノラルを聞いて見ました。Giving to you 大きく違っていますね(笑 歌で始まっていますし、「ガヤ」が少ないですね。
    > でもUK MONOは、ステレオと同じ様なテイクかと思いますが、どうなんでしょうね?

    それが、英国monoとstereoとで、確実に異なる音が使われているのが「ガヤ」なんですよ(笑)。
    他はミキシングバランスが大きく違うようにも思えますが、演奏そのものは同じような気がします。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR