「音が良い」は人それぞれ

    数日間出張で更新できなかった。
    その間、『Sgt.Pepper’s…』SDEあるいはRemix stereo LPは(当然ながら)聴いていないが、両者を購入した者として、やっぱりRemix stereoに関しては、大多数の人と違って残念に思えている。

    SGT_SDE (2)

    「どうしてこの人は、この新しいサウンドを残念に思っているのだろう?」と不思議に思う人もいるに違いないので、いくつかのポイントを提示しておきたい。高額の買い物だったしね。



    その前に寄り道になるが、SDEにボーナストラックとして収録されたオリジナルMono mixの話をしておくと、今回のMono mixは今風?のマスタリングが施されてあり、音に艶やメリハリが少し施されている。これと、Mono box収納のMono mixを聞き比べて、前者の方が音が良いと思う場合には、今風の音が好きな人であり、後者のほうが好きと言う人は単純にオーディオファイルと言える。
    Mono boxのMono mixは、飾りっけの無い音だけれど、マスターテープからのフラットトランスファーであり、確実にオーディオマニア向けの音と言えるからだ。発売当初こそ音量が小さい気がしていたが、その後の数年間で、SACDや再発新品LP等で歪のない、味付けのない音が標準となり、確実にこちらの耳が変化してしまった。今聴くと相当音が良い。

    では本題。
    まず、今回のRemix stereoは、僕には新しい世代へ向けた音なのかなと思える。そういう意味では、僕が置き去りにされるのは仕方ない気もする。

    そして、今回のRemix stereoは、オーディオファイル向けではないとも思っている。
    と言うのも、マスタリングの際にリミッター処理を加えていない唯一のメディアであるLPを聴いてはっきりわかるが、マスタリングでなくミキシングの時点でそれぞれのトラックに新たにリミッター処理が施されているのが、その音から判断できるからだ。

    アナログのマルチトラックテープそのものが当時のコンプを効かせた音で録音されているのだから、ボリュームを上げて聴くことで十分にガツンと来る音にまとめられたように思える(それはオリジナル・ステレオ・ミックスを大きな音で聴けばわかる)。
    その音を、さらに現在のデジタルリミッターで処理を施しているのだから、音はきつく、強く、平坦になり、Dレンジが狭まってしまい、音の強弱のニュアンスが失われている……だからオーディオファイル向けミキシングではない。もし音質優先ならば、ミキシングにおけるリミッター処理はほぼ不要だったろう。

    それをわかった上で行っているとなると、圧縮音源を聴いて育った耳の人こそがリスナーの絶対多数であると想定してミキシングを行ったと考えるのが妥当かと思えた。大きな音量で聴くよりも小~中ぐらいの音量(?)で聴くように作られたようにも思えてしまう。ここが最も残念なところ。

    あるいは、「オリジナルよりもラウドな音にする」のが、そもそもの狙いだったのかもしれない。Remixなのだから、オリジナルとは違うものにしたいだろうし。その場合、やはり僕は置き去りにされて当然だろう。好きな音ではないのだから。

    オーディオファイル的な視点を忘れてしまえば、マルチトラックに遡ってやり直された音は十分にフレッシュだし、何よりもオリジナルLPでは今ひとつの音質だった「She's leaving home」など、今回のほうがマスターに近い音のように思え、やり直した価値はある。

    そういう耳で聴いている人にとっては、今回のRemix stereoは、良い音に響いているに違いない。

    せっかくの新譜扱いの作品なのだから、楽しめないほうが損をしている。僕も「今風の音で格好良いなぁ!」と思いたい(そう思えることを期待していた!)。わかっているのだけれど……。

    関連して、僕は「似たようなケースが過去にもあったような……」と、ある編集盤を思い出した。21世紀になって登場した初めての編集盤『1』だ。
    『1』は発表当初、ノイズの少ない鋭角的できつい音にまとめられたが、ほとんどのファンや音楽雑誌から音質向上!と支持されたと記憶している。

    SGT_SDE (4)
    *各Discを収納する紙ケースの作りもちゃちで、がっかりしたのは僕だけ?

    さて、音質の話はここまでとし、ミキシング・バランスについては、曲によってざまざま。
    好き嫌いを別として、ほとんどの曲はかなり綿密にミキシングを行っているように思える。そう思えない代表は1曲目のタイトルトラックの演奏の定位や音量バランス。これだけ特に目立つ。

    サラウンドに関しては、聴けないし、これまでもサラウンドを聴いていないので何も言える立場にない。もしかすると、サラウンドミックスが売りなのかもしれないと思ったり……。



    最後に、リミッター処理の音を知らない人のために、簡単に用意してみた。
    以前紹介したDrumsソフトを使って数小節、生に近い音を書き出しし、それを音編集ソフトでリミッター処理して並べた。リバーブ処理していないので、ちょっと格好悪いが。
    僕が上で述べている意味が、下の波形や実際の音を聴くことでイメージできるかもしれない。

    波形表示
    *左側が元音源、右側がリミッター処理後、ピークはほぼ同じ設定

    以下のURLで聞ける(データ保持期限: 2017年09月18日)
    http://twitsound.jp/musics/tsE8GKqgw
    *残念ながらwaveファイルはアップできないのでmp3(圧縮音源)

    できればヘッドホンで聴くか、オーディオで鳴らしてみて欲しい。

    僕がアップしたものも、リミッター処理した音のほうが格好良いと思う。レコーディング時の音作りでDrumsにリミッターやコンプレッサーなどの圧縮エフェクトをかけて音作りするのは普通の話だし。

    でも、既にコンプがかかった音に追加で行うのは、本来はミキシング時でなくマスタリング時のように思える。






    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ アルバム Sgt. Pepper’s ミキシング マスタリング

    コメント

    Secret

    No title

    JDさん、こんにちは。

    つくづくリミックスって難しいですね。
    僕は今回のミックスもそこまで嫌いじゃありませんが、飽きが来るのも早そうだなぁというのが正直な感想です。

    このアルバムには拡がりより奥行が必要だと思っています。
    だからステレオにも関わらずモノラルのような奥行が感じられる67年のステレオミックス(マルチの残響成分は変えようがないので当たり前ですが)が好きですし、よく出来ていると思います。

    『SGT』についての雑感をブログに書きましたので、お時間があるときにでもお読み下されば嬉しいです。

    No title

    JDさんこんばんは。

    おっしゃっていたことが今回の記事でよくわかりました。私は、こう言った類の感想が音源を聴いているその時よりも、(新しい音源を)好きで聴きこんだ後、再び旧音源を不意に聴いた時に強く沸き起こることがあります。こんなにもニュアンスが含まれていたとは!という感じで。Revisitedした時に何が失われていたかがよくわかるのです。

    私は新しい音源については今の所むしろ好きで聴いているぐらいですが、後々旧音源を聴いた時にハッとさせられるであろうことが少しですがイメージできます。まだ新しい音源がイメージできるほどに耳に馴染んでおりませんので耳新しく楽しめていますが、そのうちオリジナルを聴いた時の「これこれ!」感が出てくるのを楽しみにしながらこの新しい音源をもうしばらく楽しんでみたいと思っています。

    No title

    JDさんのSGTリミックスの感じ方やコンプの効用についてなど、わかりやすく解説していただき興味深く読ませていただきました。ドラムなどの打楽器などピーク成分の鋭い楽器にコンプ(リミッター)が必須であることがよくわかります。生のドラムを真ん前で聴いたようなファットで迫力のある音に聴かせるためには必要不可欠なんですね。

    > でも、既にコンプがかかった音に追加で行うのは、本来はミキシング時でなくマスタリング時のように思える。

    今回のリミックスのポイントのひとつが、そのドラムの音に磨きをかけることにあったのならば、追加コンプはやはり必要だったのかもしれません。また、SGTのような音数の多いサウンドで、個々の楽器の粒立ちを際立たせ他との分離をよくするためにも、イコライザーとコンプの組み合わせは効果があるので、使ったのだと思いますよ。

    No title

    個人的な話で恐縮ですが、
    レコードコレクターズで、ジャイルズ・マーティンの記事の見出しに「今回の任務はモノ・ヴァージョンのステレオ化…」というのを見て、ずっとステレオを聴いてきた自分にはちょっと違うんじゃないか?と思っていました。
    すると、とあるかたのブログで、デラックス・エディション(2CD)が発売日に無料で聴ける…とあって、
    実際、当日の0時からSpotifyで聞けました。夜中に一度聴いて、その後、でかい音で聴いていくうちに、もういいかなぁ〜となってしまい、結局買っていません。
    せめてオリジナル・ステレオとモノのハイレゾも入れてくれていたら買ってもいいかなと思ったんですがね。
    今まで通りオリジナル・アナログとUSBに世話になります。

    Re: No title

    dr.pepperさん、こんばんは。

    > つくづくリミックスって難しいですね。

    特にBeatles作品のリミックスは、誰がやっても何か言われるだろうから大変だとは思います。
    僕も今回は言う側ですね(苦笑)。

    > このアルバムには拡がりより奥行が必要だと思っています。

    それは、実際の音についての話ですか?
    面白い視点ですね。考えたこともありませんでした。

    > だからステレオにも関わらずモノラルのような奥行が感じられる67年のステレオミックス(マルチの残響成分は変えようがないので当たり前ですが)が好きですし、よく出来ていると思います。

    昔から聞き馴染んでいて、ああいう音だと思っているので、特に奥行きを感じたことはないのですが、広がりは十分にあると思います。

    > 『SGT』についての雑感をブログに書きましたので、お時間があるときにでもお読み下されば嬉しいです。

    別の記事にコメントしてしまいました(笑)が、相互リンクしましょう。よろしくお願いします。
    *返事を書き込もうとしたら、何故かメールアドレス入れないと送信できない状態だったのであきらめました。初回の書き込みではメルアドなしでも送信できたのですが・・・。


    Re: No title

    >Columbiaさん、こんばんは。

    > 私は、こう言った類の感想が音源を聴いているその時よりも、(新しい音源を)好きで聴きこんだ後、再び旧音源を不意に聴いた時に強く沸き起こることがあります。こんなにもニュアンスが含まれていたとは!という感じで。Revisitedした時に何が失われていたかがよくわかるのです。

    それ、僕もよくあります。

    > まだ新しい音源がイメージできるほどに耳に馴染んでおりませんので耳新しく楽しめていますが、そのうちオリジナルを聴いた時の「これこれ!」感が出てくるのを楽しみにしながらこの新しい音源をもうしばらく楽しんでみたいと思っています。

    そういう聴き方で何か見つかると、新鮮ですよね。
    実は新装版発売前に予習として2009年CDと87年CDを聴いて、後者の音の良さにびっくりしていたのでした。
    もしかすると、僕のオーディオ機器が昔よりもぐんと良くなったので、これまで気づかなかった空気感がようやく音として聞こえ出しているのかな?とも思えます。


    Re: No title

    路傍さん、こんばんは。

    > ドラムなどの打楽器などピーク成分の鋭い楽器にコンプ(リミッター)が必須であることがよくわかります。生のドラムを真ん前で聴いたようなファットで迫力のある音に聴かせるためには必要不可欠なんですね。

    はい、僕もその点は同感です。

    > 今回のリミックスのポイントのひとつが、そのドラムの音に磨きをかけることにあったのならば、追加コンプはやはり必要だったのかもしれません。また、SGTのような音数の多いサウンドで、個々の楽器の粒立ちを際立たせ他との分離をよくするためにも、イコライザーとコンプの組み合わせは効果があるので、使ったのだと思いますよ。

    そのあたり、EQは必須だとしても、マルチトラックに遡って現在のデジタルミキシング技術でミックスするのであれば、リミッター処理せずとも十分に高音質のままミックスできたであろうと思え、わざわざさらに圧縮かけなくとも……と思ってしまうんですよ。高望みし過ぎなのでしょうか?(苦笑)

    それと、昔のコンプと違って現在のデジタルリミッターは、正確に指定した音圧レベルをデータの演算処理で作り出せ、どうもその際にアナログテープに入っていた空気間をノイズと看做して削除してしまうように思えます。だから一部の人が言うように、息苦しい音になっているのだと。



    Re: No title

    ニブさん、こんばんは。

    > 個人的な話で恐縮ですが、

    いえいえ、僕のブログも個人的な話なので、全然問題ありませんよ。

    > レコードコレクターズで、ジャイルズ・マーティンの記事の見出しに「今回の任務はモノ・ヴァージョンのステレオ化…」というのを見て、ずっとステレオを聴いてきた自分にはちょっと違うんじゃないか?と思っていました。

    「違う」と言うのは、ちゃんとステレオミックスがあるのだから、モノミックスをベースにしたステレオミックスなんて出す理由になってない、という感じでしょうか?

    > 実際、当日の0時からSpotifyで聞けました。夜中に一度聴いて、その後、でかい音で聴いていくうちに、もういいかなぁ〜となってしまい、結局買っていません。

    ちゃんと調べてのご判断ですね。それは正しい判断だったように思います。

    > せめてオリジナル・ステレオとモノのハイレゾも入れてくれていたら買ってもいいかなと思ったんですがね。

    SDEを購入して、僕もまさに同じことを思いました。
    ハイレゾも結局remix stereoなので、自分に合わない場合、ボックスセットの価値がないんですよね。
    まさかそうなるとは予想もしておらずでした。


    RE:

    >それは、実際の音についての話ですか?
    面白い視点ですね。考えたこともありませんでした

    いちおう音の話ではあるんですが、自分の場合考えてるうちに話が抽象具象グチャグチャになることがよくあるので(苦笑)、分かりにくいですよね。すみません。
    結局自分はジョンの声がキモだと感じてるんだと思います。どこかへ連れていかれるような。

    >別の記事にコメントしてしまいました(笑)が、相互リンクしましょう。よろしくお願いします。
    *返事を書き込もうとしたら、何故かメールアドレス入れないと送信できない状態だったのであきらめました。初回の書き込みではメルアドなしでも送信できたのですが・・・。

    そうでしたか、すみません。設定を確かめてみますね。
    どうぞよろしくお願いします。

    No title

    JDさん、こんにちは!!

    実は発売日から数日経っての入手でしたんでamazonとか他の媒体での評価とかを聞いて(読んで)、"今まで聴こえなかった部分が聴こえて楽しい"みたいな事が載ってたのでGiles Remixの1回目はヘッドホンで聴きました。

    ‥‥で、聴いてて思ったのがJDさんの書かれていらっしゃる、

    "圧縮音源を聴いて育った耳の人こそがリスナーの絶対多数であると想定してミキシングを行ったと考えるのが妥当かと思えた。"

    もう、これがズバリで。

    そういう音になってますよね。実際。

    アンプやスピーカーの音を介さず、直接出て来る音を聴いてで個人的には聴きずらかったのでRemixはその1回でギブアップしました(いつか聴き直すのか謎です(笑))。

    個人的にはその音処理が一番残念でした。

    Blu-rayにオリジナルのモノラルとステレオのハイレゾとMaking Of SGT.が入ってて、それだけで販売してくれたら個人的には財布にも優しく大満足だったのかな~‥‥って思いながら、大きいボックスの置場所に苦労してます(笑)

    No title

    JDさんこんばんは。

    >実は新装版発売前に予習として2009年CDと87年CDを聴いて、後者の音の良さにびっくりしていたのでした。

    あ、私も87年のCDを予習で結構聴きました。いい音なんですよねぇ。僕は初CD化から2回目のリマスターCD作成の間に20年以上の開きがありますので、その間の磁気テープの音の減衰は少なからずあるものと思っています。ですから、初CD化時のCD媒体は必ず後ほど侮れないと気づく日が来るだろうと思ってThe Beatlesは当然手放せませんけど、他のバンドのCDもコソコソ集めたりしています(笑)。

    Re: RE:

    dr.pepperさん、こんばんは。

    > 結局自分はジョンの声がキモだと感じてるんだと思います。どこかへ連れていかれるような。

    なるほど、そういうことですね。
    ブログで書かれていたこともですが、ポイントはJohnのボーカルと残響。
    奥行きは、実際のサウンドでもありながら、脳内でイメージを膨らませた結果なのかも・・・。

    > そうでしたか、すみません。設定を確かめてみますね。
    > どうぞよろしくお願いします。

    こちらこそ、よろしくお願いします。

    Re: No title

    らいらさん、こんばんは。

    > アンプやスピーカーの音を介さず、直接出て来る音を聴いてで個人的には聴きずらかったのでRemixはその1回でギブアップしました(いつか聴き直すのか謎です(笑))。
    > 個人的にはその音処理が一番残念でした。

    せっかく購入されたのだから、是非スピーカーでも聴いてください。
    残念な部分はどうしようもないですが、「マルチトラックからやり直しているだけある」と思えるところもあるので。

    > Blu-rayにオリジナルのモノラルとステレオのハイレゾとMaking Of SGT.が入ってて、それだけで販売してくれたら個人的には財布にも優しく大満足だったのかな~‥‥

    今回はRemix版がメインの商品なので、さすがにそういう組み合わせは対象外でしょうね。
    でも、発売していたらそれなりに売れていたと思いますけどね。



    Re: No title

    Columbiaさん、んばんは。

    > あ、私も87年のCDを予習で結構聴きました。いい音なんですよねぇ。僕は初CD化から2回目のリマスターCD作成の間に20年以上の開きがありますので、その間の磁気テープの音の減衰は少なからずあるものと思っています。

    実際、2009年remasterでは、いろいろと音が調整されているように思います。
    87年CDは僕のオーディオだと09年版よりも音が広がります。09年版でセパレーションの調整もされているのかもしれませんが、あの空気感は09年版では再現できないですね。
    09年版は音の質感のグレードが上がっているので、結局両方とも持っていて悪くないという結果に(苦笑)。

    >ですから、初CD化時のCD媒体は必ず後ほど侮れないと気づく日が来るだろうと思ってThe Beatlesは当然手放せませんけど、他のバンドのCDもコソコソ集めたりしています(笑)。

    僕も似たようなことをやってます(笑)。
    でも、後に出たSACDの音のほうが圧倒的に良かったものもあって……。まぁ、Columbiaさんが書かれていたように、比較することで見えてくることもあるし、初期CDは安価で買えたりするので、楽しみとしては悪くないですね。



    JDさま、
    自分もかなり聴きたおしております(笑)
    自分は新しい音として、納得しています。

    さて、リミッターの件
    一つだけ、個々の楽器に使用するのは、今も昔もですが、レコードに関しては
    最終のリミッターをかけるのはカッティング時です。勿論最終の2trテープにもありますが、カッティングオペレーターの仕事はカッティングしながら、内周外周の音質調整とリミッターコントロールです。
    商品としてある物で、ビートルズの音に近いのはオープンテープが妥当です。
    もしかしたら、87年のCDが1番我々に本当の音を聴かせたのかも、、、
    アンソロジーの音源も当時に近いコンソールで作ったのが真実なら、やはり、そのCDはジョージマーティン氏のビートルズに対する音なんでしょう。一般の方々では、スタジオクォリティーでCDを聴けませんから何ともですが、、、、アビィーロードスタジオの電源ケーブルでさえ、ありえない金額しますから、、、

    Re: タイトルなし

    業務関係さん、こんばんは。

    > 自分もかなり聴きたおしております(笑)
    > 自分は新しい音として、納得しています。

    それは、楽しそうですね(笑)。僕はどうも相性が悪かったようです。
    「SFF」シングルを聞いた時点では、問題なさそうに思ったんですけどね、残念。


    > さて、リミッターの件
    > 一つだけ、個々の楽器に使用するのは、今も昔もですが、レコードに関しては
    > 最終のリミッターをかけるのはカッティング時です。勿論最終の2trテープにもありますが、カッティングオペレーターの仕事はカッティングしながら、内周外周の音質調整とリミッターコントロールです。

    そうでしたね、レコードの場合、カッティング時にかけることで
    針飛びやら音圧やらを調整していました。
    英国シングルの「Paperback writer」だけがベースが大きめなのは、特注のものを用意したからでしたね。

    現在のデジタルマスタリングにおいても、プレス用のマスターを作る際のマスタリング時にかけているのかもしれません。
    それがアナログで言うカッティングマスターに当たりますね。

    > 商品としてある物で、ビートルズの音に近いのはオープンテープが妥当です。

    大元がアナログテープ録音ゆえとのことですよね。
    僕はターンテーブルにせよトーンアームにせよ、アナログ側を見直せば、それこそレコードっぽい音でなくマスターに近い音で再生されると考えているのですが。

    > もしかしたら、87年のCDが1番我々に本当の音を聴かせたのかも、、、

    実は最近、その考えに近くなっています(苦笑)。当時のCDの音はまだまだだと思っていたのですが、まさか発売から30年で見方が変わるとは思っていませんでした。

    > アンソロジーの音源も当時に近いコンソールで作ったのが真実なら、やはり、そのCDはジョージマーティン氏のビートルズに対する音なんでしょう。一般の方々では、スタジオクォリティーでCDを聴けませんから何ともですが、、、、アビィーロードスタジオの電源ケーブルでさえ、ありえない金額しますから、、、

    アンソロジー・プロジェクトでは、できる限り当時に近い機材を使用していたと僕も記憶しています。
    でも、LPの音を聴くと、残念ながら今ひとつに思えてました。本当のマスターの音が実際はどうであるのか?気になります。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR