Wheels of fireその2 英国単品盤

    creamwf (4)
    CreamのWheels of fireは、英国ではステレオとモノラルの2種類が発売されているが、さらに2枚組みでなく単品販売でもステレオとモノラルの2種類が発売された。

    僕は単品のモノ、ステレオ両方持っているが、すぐに出てきたのはそれぞれ片方ずつ。
    cream 3a
    ジャケットの色が2枚組のものに近いのがスタジオ録音盤(=2枚組のレコード1枚目)。
    僕が買ったものはジャケットにコーティングがなかった。
    cream 3b
    これはモノラルのほう。

    cream 4a
    ライブ盤の単品はジャケットがネガポジ反転したような黒となっている。そして、スタジオ盤とはジャケット・デザインが表裏逆になっている。
    こちらのジャケットはコーティングがある。
    cream 4b
    ステレオ盤。

    一般的な評価だとWheels of fireはCreamの最高傑作らしいが、それと好き嫌いが同じなのかどうかはわからない。

    僕は2番目か3番目に好きだと先日の記事で書いたが、一番好きなのは何を隠そう1stのFresh Creamだ。あのアルバムをCreamの最高傑作という人はいないのかもしれないが、Wheels of fireと同様に評価の高い2ndよりも僕は高く評価している。

    2ndは僕には散漫な印象しかなく、それゆえ何度も繰り返し聞くことはない。しかし、1stは何回も繰り返して聞いたものだ。ただ、英国盤と米国盤とで収録曲が違うのは玉に瑕だ。そして、英国オリジナルと再発とで収録曲数が違うのはさらに玉に瑕だ。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR