クラシック再生が楽しい

    今年になって(管弦楽曲メインの)クラシックを聴く頻度が増えた。最近では聴いてるものの1/3~1/2ぐらいがクラシックだ。

    classics0502 (7)
    *一例:左と中央はCD、右はSACD

    理由は、rock/pops録音以上にクラシック再生で再現される生なサウンドステージがあまりにも心地よく思え、眼前に広がるステージを味わう喜びから離れられないからだ。




    それは所謂〝優秀録音盤〟でなくとも問題ないが、ステレオ録音であることが僕の場合の条件。それと、rock/pops録音で主流のスタジオミキシングで音を作るような録音はクラシックには求めていない。なので、1960年代ぐらいまでの録音の方が安心ではある。


    僕の場合、自身の欲求として、音楽>オーディオだったことはないと思う。常に音楽とオーディオはほぼ同等または対等だった。そのときそのときの状況に応じて、できる範囲で最高の音質を確保する姿勢は変わらなかった。

    好きな音楽で言えば、僕はrock/pops>クラシックだと思うので、今年になってからの現状は特殊だ。つまり、オーディオ的な要素が自分の欲求に強く働いている。

    冒頭に掲げた写真のCD,SACDは、特にオーディオ雑誌で優秀録音に選ばれる作品ではないと思う(*もし選ばれていたなら失礼!)が、それぞれ十分に眼前に広がるステージを楽しむことができる。

    それらを購入した理由は、楽曲が好きである、あるいは聴きたかった(曲を知りたかった)のどちらかだが、同時に当時の録音クオリティも再生音から判断したいという楽しみもあった。

    ただ、Deccaは優秀録音で有名だし、Supraphonも個人的には平均点を超える良い録音がある会社だと思っていた。EMIは平均点的なイメージしかないが、写真に掲げたSACD(Tower records限定 Definition Seriesの1枚)は満足できた。

    やはり、管絃楽曲の場合、優秀録音とされていない作品でも、十分にサウンドステージを楽しめる作品が数多くあると思う。
    優秀録音については、また近いうちに。


    そう言えば、オーディオ全盛だった(僕の解釈で言えば)CD登場以前は、オーディオ好きな人=クラシックを聞いているというイメージだった。もしかすると、今でもそうなのだろうか?周りにオーディオファンがいないので、そのあたりはよくわからない。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : クラシック
    ジャンル : 音楽

    tag : classic クラシック音楽 録音 再生 オーディオ SACD

    コメント

    Secret

    音楽はどれもいいですね。

     こんにちは。
    あれから、ロイヤルバレエガラを
    レコードで聴いてみたいと、国内盤
    の安いダイジェスト版を手に入れて
    聴いています。

     私の場合、rock、popsをいい音で
    聴きたくて、初めてのオーディオ
    ショーに行った際、オルトフォンの
    ブースでサン・サーンスのオルガン
    付きを聴いた衝撃がクラシックの
    きっかけでした。
    そのため、自分の中では
    rock、pops=classic=audioです。
    そしてもちろんJAZZも。

     タワーレコードのSACDシリーズ
    は、いいですね。
    私はオイロディスクのものが
    お気に入りで、中でもケンペ指揮、
    ドレスデン シュターツカペレの
    金と銀はお奨めです。

    これからの楽しみは、ビートルズの
    マルチchですね。
    どのような音なのかワクワクします
    が、今度自宅に戻れるのは夏休み
    か・・・それまでお預けです。

    Re: 音楽はどれもいいですね。

    くまくまくんさん、こんばんは。

    > あれから、ロイヤルバレエガラを
    > レコードで聴いてみたいと、国内盤
    > の安いダイジェスト版を手に入れて
    > 聴いています。

    こちらも例のSACD/CDセットを購入して聴いています。

    > そのため、自分の中では
    > rock、pops=classic=audioです。
    > そしてもちろんJAZZも。

    それは、守備範囲が幅広いですね。
    僕もクラシックとジャズも聴きますが、rock/pop/soulほどの比率では無いので、なんとか経済的にやれているように思います。
    同じ比率になると、怖いですね(笑)。

    >  タワーレコードのSACDシリーズ
    > は、いいですね。
    > 私はオイロディスクのものが
    > お気に入りで、中でもケンペ指揮、
    > ドレスデン シュターツカペレの
    > 金と銀はお奨めです。

    そうですか。ちょっと調べてみて、良さそうなら覚えておきます。

    > これからの楽しみは、ビートルズの
    > マルチchですね。
    > どのような音なのかワクワクします
    > が、今度自宅に戻れるのは夏休み
    > か・・・それまでお預けです。

    マルチチャンネルまでやられてるんですね。
    僕は、まだ手を出せないところです。
    夏休みまで……長いですね。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR