昨日の続報(SDE収録内容)

    The Beatles' Sgt. Pepper Super Deluxe Reissue Announced!というタイトルのメールがuDiscovermusic.comから届いていた。(いつ登録したか記憶に無いけど、こういう情報が届くということは、以前そこにアドレス登録したのだろう。)

    SDEの収録内容が記されている。

    それを読むと、噂どおり今回の発売は、new stereo mixということで、1990年代に流行したremix remasterと同様、マルチトラックテープに遡ってのremixによる製作。

    マルチトラックテープをデジタルトランスファーするに当たっては、90年代とは違って、今のほうがより高品位な音質での作業が可能となる(スペック的には)。それゆえ、SGT以降も同様のプロジェクトが継続されるのであれば、「Help!」「Rubber soul」も再見直しされることだろう。

    僕は、オリジナルミックスへの拘りが無いとは言えないので、正直不安でもある。あまり変な小細工はなしで、本筋がオリジナルのstereo mixと同じ印象であれば良いなぁというのが本音。

    前述の、「Help!」「Rubber soul」86年remixは、エフェクトの効かせ具合が僕には過剰に思われ、低音域へのEQ操作もやりすぎに思え、本当に全然聴かない。もうちょっとうまい音作りができたろうに!と思えてならなかった。

    今回はそうならないことを願う。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band Anniversary Super Deluxe Edition

    コメント

    Secret

    No title

    こんにちは

    SDEの情報をここで初めて知り、ググってみました。
    既に、日尼でも予約開始状態になっています。
    1枚CD、2枚CD、2枚LP、BOXなどバリエーションが豊富です (^^;
    BOXだけでは2枚組CDの全曲を網羅できないような感じです。
    2枚組CDは、ラスト4曲を除いてLP版と同じようでし、それら4曲はBOXに入っていますので、今シリーズの全曲を聞きたい場合にはLP+BOXでもいいかもしれません。

    次のサイトを見ると日本版BOXには立版古という組み立てグッズが付いているようですし、CDはSHMで出るようです。
    http://the-beatles-store.jp/

    SHM-CDは、音質改善規格のようですが、日本に配信されるソースがEU版より悪るければ意味がないような気もしますがどうなんでしょうか?

    Re: No title

    kirinさん、こんばんは。

    > BOXだけでは2枚組CDの全曲を網羅できないような感じです。
    > 2枚組CDは、ラスト4曲を除いてLP版と同じようでし、それら4曲はBOXに入っていますので、今シリーズの全曲を聞きたい場合にはLP+BOXでもいいかもしれません。

    予想以上にややこしい商品ラインと収録内容差異のようですね。
    教えていただき、ありがとうございました。

    > 次のサイトを見ると日本版BOXには立版古という組み立てグッズが付いているようですし、CDはSHMで出るようです。
    > http://the-beatles-store.jp/

    個人的には、価格が高い気がしてしまいますが、一番売れているようですね。
    Beatlesリアルタイム世代の方々が財源がもっともありそうな世代なので、多少高くとも気にならないのでしょう。

    > SHM-CDは、音質改善規格のようですが、日本に配信されるソースがEU版より悪るければ意味がないような気もしますがどうなんでしょうか?

    現在はデジタルデータを受けとるだけなので、各国間でのマスター音源の音質は基本的には同じでしょう。
    なので、SHM-CDが通常CDよりも高音質に聞こえるオーディオセットの場合には(費用対効果はリーズナブルかどうか不明ですが)選択肢の一つとしてありなのかもしれません。
    僕は過去に何度か比較したものの、音質差を見出せず、通常のCDで良いと思っています。
    ただし、プラチナを使用したプラチナ-SHMは別でした。
    でも、SDEにはハイレゾフォーマットの音源が収録されるので、そちらがメインになるかと思います。






    No title

    >現在はデジタルデータを受けとるだけなので、各国間でのマスター音源の音質は基本的には同じでしょう。

    そういう扱いなのですね。ありがとうございます。

    以前お知らせした芽瑠璃堂で、国内盤の取り扱いが告知されていました。
    "その場で使える"ポイントが予約に限って15%となっています。それでも、輸入盤の方がまだ安いです。
    ちなみに、私はそことは無関係です σ(^^)

    No title

    JDさんこんばんは

    SGTのデラックスって!?って最初内容の発表がある前はそんなものがあるのかしらと(アンソロジーでこすられ倒してあるんでは!?と思ったので)訝しんだのですが、あるんですねまだまだ。

    ジャイルズが今回のリミックスで参考にしたのはSGTのモノマスターらしいですね。それでも4トラックマスターからのリミックスらしいのでそれほどな違いはないのかな?なんて予想しているのですがどうなんでしょう。

    Yellow Submarine Songtrackのときは、確かプロダクションマスターまでさかのぼって音源を集めなおしたと記憶しているのですが。

    基本的にはなんだか音質面ではいじりすぎておかしな印象のある(ヴォーカルのピッチを数曲で高めてあるのも原因だと思いますが)SGTがシンプルに音響的にもナイスな感じで仕上げてくれていると嬉しいなぁと結構期待しています。

    だから、最終的に仕上がった4トラックマスターからのリミックスでなく、プロダクションマスターまでさかのぼったやり方だったらいいなぁ。

    どのフォーマットを買うかはしばらく考えると思いますが、ボックスは避けられない気がしています(笑)

    Re: No title

    kirinさん、こんばんは。

    > そういう扱いなのですね。ありがとうございます。

    デジタルフォーマットについては安心して良いと思いますし、LPも直輸入盤の国内仕様とのことなので、値段以外は大丈夫でしょう。

    > 以前お知らせした芽瑠璃堂で、国内盤の取り扱いが告知されていました。
    > "その場で使える"ポイントが予約に限って15%となっています。それでも、輸入盤の方がまだ安いです。

    SDEに収録のDVD/BDにはいくつかのドキュメンタリーも含まれるらしく、国内仕様は日本語字幕ありになると思われます。
    輸入版にも日本語字幕ありなのかどうか?は、まだわかりませんね。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは

    > ジャイルズが今回のリミックスで参考にしたのはSGTのモノマスターらしいですね。それでも4トラックマスターからのリミックスらしいのでそれほどな違いはないのかな?なんて予想しているのですがどうなんでしょう。
    > Yellow Submarine Songtrackのときは、確かプロダクションマスターまでさかのぼって音源を集めなおしたと記憶しているのですが。

    確かに、最終の4トラックマルチからのremixだと同じトラックに収録された音は分離できないので、YSSTの時のような分離は期待できないし、オリジナルミックスに近いかもしれないですね。

    僕はいまだに購入していない「1」の最新remixをお店で聞いた時、オリジナルミックスに近いものもあれば、がっかりしたものもありました。あのレベルかもしれません。

    > 基本的にはなんだか音質面ではいじりすぎておかしな印象のある(ヴォーカルのピッチを数曲で高めてあるのも原因だと思いますが)SGTがシンプルに音響的にもナイスな感じで仕上げてくれていると嬉しいなぁと結構期待しています。
    > だから、最終的に仕上がった4トラックマスターからのリミックスでなく、プロダクションマスターまでさかのぼったやり方だったらいいなぁ。

    現時点の発表では4トラックマルチからですよね。
    DVD/BDに収録される5.1サラウンドこそが今回のセットの目玉になるかもしれません。
    よくよく考えると、どうremixしたところで音質の向上を除けば、オリジナルを超えることはできないのだから、5.1こそが(僕のようなマニアックなファンの)非難の声から離れられる位置なのかなと思いました。

    > どのフォーマットを買うかはしばらく考えると思いますが、ボックスは避けられない気がしています(笑)

    僕はSDEと2LPを予約してます。
    たくさんの仕様で出すと、どれかは売れ残りが出て1年後には半値近くまで売値が下がる場合もありますよね。
    悩むところです。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR