アルバム『Who’s next』の米国カッティング

    1971年8月発表のアルバム『Who’s next』は、Whoの最高傑作だと言われることもあるし、僕もWhoの代表作に間違いないと思っている(最高傑作かどうかは別として)。

    LPは、英国に先駆けて米国で(2週間早く)発売された。

    whosnext (1)
    *米国オリジナル盤

    表ジャケットに採用されたのは7月に撮影された立ちション写真だ(笑)。



    『Who’s next』のジャケットは当初、太った女性の裸の写真(しかも、美しいものでなく醜悪なもの)を使う予定だったということだから、それが採用されなくて本当に良かった。

    昔、このLPを初めて聴いたとき、A-1「Baba O'Riley」と一緒に僕の脳裏にはジャケット写真のような荒涼とした空間イメージが広がった。それぐらい、ジャケット写真は重要だ。

    whosnext (2)
    *ジャケット裏面

    英国での発売が米国よりも遅れた理由は、そのジャケット差し替えのせいなのか?と昔は思っていたが、どうも関係なさそうだ。米国Decca側がWhoの人気から早く発売したがった、というのが理由っぽい。

    そのような経緯ゆえか?英国盤のジャケットは、米国盤ジャケット左上に入っている米国Deccaのレコード番号を修正した跡が残っているので、米国用に用意した写真を修整して使用したと思われる。

    whosnext (4)
    *英国オリジナル盤

    さらに、ジャケットだけではなく、英国初版LPの原盤も米国カッティング用のメタルマザーを使っているのでは?と僕は考えている。
    但し、マトリクス番号1が付くA面だけだ(英国初版のマトはA面が1、B面が2)。

    whosnext (6)
    *英国盤レーベル、手彫り番号は撮影できず

    以下は、その前提に沿った話。

    米国Decca初版LPのrun-off部分には、手彫りでMG-12888(A面)、MG-12889(B面)と入っている盤がある。あるいは、これらは片面のみの場合もある。

    whosnext (10)
    *これはフランス盤で、手彫り番号と機械打ち番号の両方がある

    英国初版のA面にも同じ手彫り番号MG-12888が入っている。その手彫りの書体そのものは、米国盤と英国盤とで違っている。
    けれども、音溝を見比べる限り、それらは同一のように見える。

    米国原盤がそのまま採用されてマト1なのだから、B面は不採用でマト2になっていると推測できる。
    しかし、米国盤でも両面手彫りになっていないケースもある(僕の手持ちの別の盤だとB面のみ手彫り)ので、もしかすると、米国カッティングの別原盤を英国のB面で採用している可能性もある。

    手持ちの別の国の盤を調べると、フランス盤も米国盤と同様に手彫りでMG-12888(A面)、MG-12889(B面)と彫られていたので、これも同じ原盤だろう。

    ここから導かれる話としては、手彫りでMG-12888(A面)、MG-12889(B面)が、このアルバムで最初に用意された原盤と推測される。

    whosnext (9)
    *フランス盤の初版は両面コーティングジャケット

    さて、米英仏、3枚ともA面 MG-12888の盤を聴き比べると、音の傾向が似ている。当然か。重心が低い音だ。

    けれども、これは思い込みなのかもしれないが、米国盤のほうが英国盤よりも音が微妙にからっとしている(乾いている)ように思えなくもない。いや、そう思えてしまう。プレス品質のせいだろうか?

    また、手持ちのフランス盤は盤質が悪いので、音も悪く聴こえてしまう。

    日本盤(初版)は独自カッティングだったこともあって、高域が強調され中低域が弱い。4枚の中では音質が一番劣る。

    whosnext (3)
    *国内初版は見開きジャケットで、内側には解説と歌詞を掲載

    このアルバムは、他にも何種類かのLPを持っているので、機会を見つけて紹介したいところ。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Who ザ・フー LP Who’s next レコード 米国盤 英国盤

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR