Polnabest

    なんか今ひとつのタイトルだなと思っているが、ようやくつい先日『Olympia 2016』の限定仕様CDと一緒に届いたのがMichel Polnareffの最新のベスト盤となる『Polnabest』のLP。

    polnabest (2)
    *LPは2枚組になっているが、ジャケットは取り出し口が一箇所のシングルジャケット


    ジャケット写真には現在のMichel Polnareffの姿が。しかし、CDサイズで用意された写真を引き伸ばしただけの低画質な写真になっていてがっかり。
    収録曲は全20曲でCDだと1枚だ。

    2枚のレコードとMP3ダウンロードカードが入っている以外は何も入っていない。
    そのため、使用されたマスターやマスタリング等の製造に関するクレジットはどこにも記載されておらず。
    CD用のインサートをそのままでも封入すれば良いものを、と思ってしまう。

    シュリンクの上に貼られているシールでは1966-2016となっているが、厳密には最新曲は2015年には発表済みだったと思う。

    1966年のデビューから2015年の「L'Homme en rouge」まで約50年の足跡を辿るには20曲では少なすぎる。
    けれども、実質的な活動期間はスタジオ作品を発表していた1966~90年までなので、実際は25年間ほど。そうなると、ヒットした曲を中心に1年に1曲程度…それだと25曲になってしまうが、ところどころ隙間があるのでちょうど20曲ほどになる。

    polnabest (9)
    *ジャケット裏面とレコードのレーベル

    以前紹介したLPのみ?でのユニバーサルから発売のベスト盤のこれと収録曲を比べると17曲だぶっていた。ほとんどだ(苦笑)。

    今回そのユニバーサル盤が見当たらず、音質比較は全くしていないが、今回も非常に良い音質だと思った(ユニバーサル盤も良かった)。

    polnabest (16)
    *レコードはシール記載の通り赤のカラーレコード(左側は内袋入りの状態)

    『Polnabest』の売りは、最新曲「L'Homme en rouge」が初めてCD/LPに収録されたこと。僕からすると、それに加えWarner P時代の「I love you because」も収録されていることか。他には、1990年発売のアルバム『Kama Sutra』のタイトルトラックである「Kama Sutra」も収録。

    アルバム『Kama Sutra』は現時点では最後のスタジオ録音アルバムで、代表曲の「Goodbye Marylou(シングルとしては89年に発売)」も含まれた快作だった。
    いつか紹介したいと思って、数年経過している。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Michel Polnareff ミッシェル・ポルナレフ レコード Polnabest

    コメント

    Secret

    Re: No title

    ****さん、コメントありがとうございました!
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR