Michel Polnareff Concert ZE(re)Tour 2007

    2007年に復活ライブを行った後、もう音楽シーンに戻ることはないのかなと思っていたMichel Polnareffが、昨年突如フランスでコンサートを行った(でも、事前にメールで案内があったような……)。その時の模様が『Olympia 2016』として年末に発売されたものの、僕はHMVの4点購入にしたことと、限定盤を注文してしまったこともあって、未だ届かない。
    olympia2016.jpg
    『Olympia 2016』

    前述の2007年のライブ『Concert ZE(re)Tour 2007』は、充実した内容だった。

    Tour07 (4)
    *CD2枚組

    発売時、声を聞く限り、現役時代?と変わりなく驚いた。



    さすがに1966年のデビュー時~70年代の全盛期のような声ではないけれど、十分に現役アーティストだった。96年発売のライブCD『Live at the Roxy』(録音は95年)と比較しても、それほど衰えた感じがしない。

    Tour07 (17)
    *『Live at the Roxy』

    でも、声よりも見かけに驚いた(苦笑)。それは年齢的に致し方ないのかもしれない。良いお齢なのだから。

    Tour07 (7)
    *CDパッケージ裏面

    『Concert ZE(re)Tour 2007』の演奏曲は『Live at the Roxy』同様に、ベストヒット集のようなもので、彼のファンならばがっかりすることはまずない。

    とは言え、収録曲の一部はRoxyとは違っているし、会場がフランスだったからか?アレンジについてもTour 2007の方は歌を聞かせることが主体になっているような印象を受けていた。Roxyでは、ものすごく流麗でソリッドな、まるでスタジオライブのような完璧な演奏に舌を巻いたものだが、Tour 2007は普通にコンサートっぽい印象だ。

    1stアルバムA面1曲目の「Sous quelle étoile suis-je né ?」が演奏されていて、僕など「La Poupée qui fait non」よりもこっちのほうが聴きたかったのでとても嬉しく思ったし(あっちも収録されているが)、風変わりな面白い曲が多かった初期の作品から「Y'a qu'un ch'veu」を演奏してるのも嬉しい。

    Tour07 (11)

    Tour07 (15)

    そして、Roxyではなぜかスタジオ録音のレゲエ風アレンジバージョンが収録され、ライブ演奏として収録のなかった(Michel Polnareffの日本での代表曲と言える)「Tout, tout pour ma Chérie」もTour 2007で聴ける。アレンジは69年のスタジオ盤とは大きく違うけれど。でも、あのコーラスを再現して欲しかったな。la ~la la la - la ♪

    なお、本作品は映像版もDVD(後にブルーレイ)で正規発売となっている。
    ピアノを弾いて歌う姿は格好良いが、マイクを持って立って歌うシーンは、やっぱり……あ、あくまで個人的な好き嫌いの話なので(苦笑)。


    さて、『Olympia 2016』だか、注文して以来待ちの姿勢だが、収録曲のチェックなど一切しておらず、届いてからのお楽しみとしている。きっとトランペットは聴けないだろうな。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Michel Polnareff ポルナレフ Tour 2007 Olympia 2016

    コメント

    Secret

    No title

    すっかりご無沙汰してしまいました。今年もよろしくお願いいたします。
    『A L'Olympia -2016-』の限定盤、発売が延びていたようで、本日ようやく届きました(私はタワレコへ単独での注文でした)。
    別にオマケはいらなかったのですが、2015年末の発表以来配信オンリーだった「L'Homme En Rough」のスタジオ録音が初収録となった『Polnabest』とバラで買うより安いので、こちらにしました。今ライヴの2枚目聴いていますが、良いですよ。やっぱりこのメンツで来日して欲しいなぁと、改めて思いました。

    Re: No title

    鳩サブローさん、こんばんは。
    本当にご無沙汰でした。
    お元気でしょうか。
    こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

    > 『A L'Olympia -2016-』の限定盤、発売が延びていたようで、本日ようやく届きました(私はタワレコへ単独での注文でした)。

    ちょうど、僕のところにもHMVから出荷の連絡がありました。
    やはり、延びていたわけですね。

    > 別にオマケはいらなかったのですが、2015年末の発表以来配信オンリーだった「L'Homme En Rough」のスタジオ録音が初収録となった『Polnabest』とバラで買うより安いので、こちらにしました。

    僕も同じ理由です(笑)。バラで買うより安かったので。

    > 今ライヴの2枚目聴いていますが、良いですよ。やっぱりこのメンツで来日して欲しいなぁと、改めて思いました。

    そうですか!
    いやぁ、届くの楽しみです。
    来日の可能性ってあるんですかね?
    日本にも大勢のファンがいることは本人も知っているはずですが。
    来てくれたら嬉しいですけどね。

    詳しい人が教えてくれたのですが、実際に12月2日に発売はされていて、出荷が追いつかなかったようです。
    フランス・ツアーの最後の2公演は体調不良でキャンセルされたのですが、当時の状況としては気圧の変化が身体に良くないので飛行機は禁止という状況でした。現在は静養中のようです。回復してくれるといいんですけどね。

    Re: タイトルなし

    鳩サブローさん、おはようございます。

    >実際に12月2日に発売はされていて、出荷が追いつかなかったようです。

    そういう事情があったんですね。

    > フランス・ツアーの最後の2公演は体調不良でキャンセルされたのですが、当時の状況としては気圧の変化が身体に良くないので飛行機は禁止という状況でした。現在は静養中のようです。回復してくれるといいんですけどね。

    現在静養中ですか。
    さすがに年齢的にきついでしょうから、わからなくないですね。
    そうそう、昨日うちにも届きました。でもまだ開封していません。次の土日あたりに楽しもうかなと。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR