The 1966 Live Recordings 到着

    先日記したとおり、先月末からの忙しさには全く変化なく、ちょっと呆れている。
    気がついたら今日Bob DylanのCD Box set『The 1966 Live Recordings』が到着した。いつの間に発売されたのやら・・・・・・。

    dylan1966 (9)
    *開封前

    出来る範囲で紹介しておく。



    まず、思っていたよりもコンパクトな箱だった。
    これに36枚のCDが詰め込まれている。
    開封し蓋を取ると、こんな風にぎっしり。

    Dylan1966box (7)
    *1枚聴いていて、写真はマイナス1枚の状態

    写真左側、蓋の上に載せてあるのが付属のブックレット。

    一部のみ取り出したらこんな感じ。

    Dylan1966box (1)

    各CDは、紙ジャケットと言うか紙スリーブに収納され(当然、CDは裸のままでビニール内袋なし)、紙スリーブは片面が写真、もう片面が収録曲表示。録音テープボックスを模したデザインは格好良い。

    時間がなかったので仕方が無いが、試しに単体作品として登場するColumbia recordsによる正規録音の「Royal Albert Hall」公演や、リアルブート(笑)で、そのRoyal Albert Hallの公演として広まったマンチェスター公演のそれぞれ一部を聴いた。

    dylan1966 (7)
    *これも開封前

    後者はBootleg series Vol.4「Live 1966」として90年代に登場しているが、今回のBoxの正規録音はこれと大差ない。
    ちなみに、マンチェスター公演も今回新たにミキシングしていると思われる。

    Bootleg series Vol.4「Live 1966」も比較のために聴いたが、ミキシングよりもマスタリングの違いによる音作りの差のほうが大きいのかな?と思えた。「Like a rolling stone」しか比較していないので、あくまで1度聴いた印象ということで。

    dylan1966 (1)
    *同じく開封前

    他に、Columbia recordsによる正規録音ではない録音は、(一部の例外を除き)サウンドボード録音で、言うなれば歓声用のマイクの立っていない録音。

    僕が聴いた1枚はmonoで、録音のバランスはボーカルがややラウドだったものの、悪くはなかった。昔ならラジオ放送用に使われたレベルと思えばわかりやすいか。



    さて、今週は秋の予約商品が発売される山場となる。懐具合は寒いけれど、楽しみなものが多い。
    問題は、どうしてこうも同時に一気に発売されるのか!?という点。
    たくさん届いてもすぐに全部聴けるわけがなく、もし仮に何か、例えば同じCDが2枚重複して入っていて代わりに1枚欠けているなどの不具合などあった場合でも、すぐに発見できずじまいになる。
    交換・返品に関しての不安がね・・・・・・(今回のDylanのBoxもだけれど)。

    そのあたり、ネット販売ページの購入者の書き込み情報や音楽ブログでの情報集めは必要だろう。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Bob Dylan The 1966 Live Recordings ボブ・ディラン ボックス・セット

    コメント

    Secret

    No title

    こんばんは。

    本当に辛い季節ですよね。
    ストーンズのボックスも味わいつくせぬままにリリースラッシュに突入してしまって本当に消化不良です。

    私のところにも本日ディラン・ボックスが到着しました。アマゾンから馬鹿でかいダンボールに入って(二重梱包)到着したので嫁から白い目で見られました(汗)。

    とりあえず、という感じでCD1と2を聴きました。ラフな録音ですがいつも聴いているライヴとは違うので新鮮でした。36枚目まで聴き通すとうんざりしてくるのでしょうか。当然ですがこんなの初体験ですね。

    Re: No title

    Columbiaさん こんばんは。

    > 本当に辛い季節ですよね。
    > ストーンズのボックスも味わいつくせぬままにリリースラッシュに突入してしまって本当に消化不良です。

    きっと、同じことを思っている人は多いでしょうね。
    買う買わないも財布と相談ですし、大量に買うとしっかりと聴けないでしょうし。

    > 私のところにも本日ディラン・ボックスが到着しました。

    お、届きましたね。僕のところにはそんな大きな箱には入っていませんでした。

    > とりあえず、という感じでCD1と2を聴きました。ラフな録音ですがいつも聴いているライヴとは違うので新鮮でした。36枚目まで聴き通すとうんざりしてくるのでしょうか。当然ですがこんなの初体験ですね。

    あの時期のライブ録音は、その昔にはシングルB面モノラルで登場したやつを3枚組LPの「マスターピース」で聴いて、なんて音が悪いんだ!と思いましたが、あれに較べるとさすがにずっと良い音です(苦笑)。
    それにしても、独特の音ですね。特に後半のエレクトリックセットの演奏は。
    36枚聴きとおすのは時間がかかりそうです。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR