out of our heads(UK version)

    前回US versionの『out of our heads』を紹介したので、こちらも写真メインで紹介しておくことに。

    Rolling stonesの英国では3枚目のアルバム、1965年9月発表の『out of our heads』。

    RSOOUHUK (6)
    *英国オリジナル、表面はコーティングあり



    前回も記したが、Rolling stonesの60年代のアルバムに関しては、英米のアルバムが入り混じったラインナップで発売されていても、ほとんど違和感を覚えず。

    RSOOUHUK (11)
    *ジャケット裏面

    英米両国で同一内容となる『TSMR』以前の作品については、アルバム、EP、シングルとそれぞれ個別ラインナップをそろえる必要のある英国オリジナル、そして、基本的にはアルバムを買っていればほぼ全曲制覇できそうな(実際は抜けもあるが)シングル曲を必ずアルバムに入れる米国オリジナルの2つのラインナップがある。

    日本ではそれらが入り混じって発売されていたわけだが、もしEPやシングルを買わないのなら英国ラインナップよりも米国ラインナップのほうが(数も多くなるが)彼らのサウンドの変遷やカバー/オリジナルの度合いの変化などを受け取りやすい気もしてしまう……と記しながら、大きな転機は英米共に『Aftermath』だったので、変わらないのかも。

    RSOOUHUK (14)
    *左:Mono LP Boxより、右:英国オリジナル(以下も同様)

    ただ、『out of our heads』については、Rolling stonesを人気の上でBeatlesと並ぶビッグネームに押し上げた全米No.1ヒット「Satisfaction」を含むことが何よりも米国盤(仕様)を価値あるものにしている気がする。

    RSOOUHUK (17)
    *左:Mono LP Boxより、ジャケット裏までコーティングあり

    RSOOUHUK (31)
    *左:80年代だったか90年代だったか?欧州でCD化された際に出たドイツ盤、ジャケットにはUS versionの誤記が(笑)

    発売の順序が、米国『out of our heads』、英国『out of our heads』、米国『December's children』となっているので米国盤2枚を聴いていれば、英国盤『out of our heads』は必要ないと言えなくもない。実際には、その手前の『Now!』を含めた米国盤3枚あれば、英国盤『out of our heads』全曲をカバーできる。

    RSOOUHUK (29)
    *左:ドイツ再発盤

    けれども、日本で『December's children』は、英国仕様の『out of our heads』同様、80年代まで国内盤としては発売されなかったが・・・・・・。

    その80年代に国内盤として初めて登場した本作は、残念ながら擬似ステレオ盤だった。

    RSOOUHUK (20)
    *左:国内初版(笑)

    そう言えば、70年代プレスの英国擬似ステレオ盤も持っていたのだが、今回見当たらず。あれは何故かジャケットの色が60年代のmono盤と違って、その後の再発盤で良く採用されるような緑色っぽかった。
    いったいどういう理由であのような色変更がなされたのか?不思議と言えば不思議だ。

    RSOOUHUK (23)
    *左:国内盤ジャケット裏面 





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Rolling Stones in Mono レコード ボックスセット DSD モノラル

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR