Top 40 hits

    連日の猛暑とオリンピック観戦による不規則な生活リズム・寝不足?で体調を崩してしまった。健康維持がどれほど大切なことか。

    米国の音楽チャート、BillboardのTop40hitsをまとめた(と言っても、pop chartのみを扱っている)この本『Top 40 hits』は、購入以来、未だ僕の知らないアーティストを調べるガイドブックだった。

    top40 (4)s


    僕が買った版は、1989年出版。表紙によれば4th editionとなっていて、1955~1988年までのTop 40 hitsをアーティストごとに記してある。

    今のようにネットでいろんなアーティストの楽曲・映像が無料で楽しめる時代ならば、僕が買った90年初頭よりもさらに活用できるかもしれない。

    僕は本当に毎日この本を読んで、僕がそれまで聴いたことのないアーティスト、あるいは名前だけは聞いているけれど曲は聴いたことのないアーティストなどを調べることに夢中だった。

    3cmほどの分厚さだけど、記されているのは、楽曲名/アーティスト/最高位/年月日/ランク入り日/ランクに留まった期間などのデータのみ。
    それがアーティストごとに記されている。

    ただそれだけの文字通りの文字情報本なのだが、これを読むと、そのアーティストの人気のピークはいつごろか、人気がどれほど続いたか、など知ることができる。

    逆に、調べるのは大変だが、同一時期にどのようなアーティストの曲がヒットしていたかも調べられる・・・ただ、それについては姉妹本らしき、週間Top10チャートだけをまとめた本も出ていて(日本語版も出た)、それのほうがわかりやすいかも。

    はっきり覚えているのは、当時日本で名前を聞かなかったFour Seasonsが、当時音楽好きの玄人しか名前を口にしないBeach boysとヒット曲の多さでは互角にあったということを知ったこと。そんなグループがあったのか!と驚いて、すぐに購入リストに加えた。

    そういう、研究と言うか探求と言うか、調べれば調べるほど知らないアーティストに出くわすワクワク感から、当時毎日この本を読んでいたのだった。

    あまりに熱心に僕が読んでいるのを遊びに来た友人が見て、それって面白いの?と問われたので、とても面白いと返事をしながら見せてあげたが、何がそんなに面白いのか全くわからないと言われた(苦笑)。

    現時点では今もビルボードのチャートってあるのかどうかさえ知らないのだが(笑)、この本は僕には本当に価値ある一冊だった。



    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : Billboard Top40hits ビルボード チャート 洋書 ヒット

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR