demix technologyを使用 再発Beatles live at the Hollywood bowl

    *7/25追記:若干言葉を追加した(補足したほうが良さそうと思えたので)


    選曲面というより、わざわざ1977年盤と同じ架空のShowに仕立て上げる必要があると思えないのが再発『live at the Hollywood bowl』で最もがっかりさせられる点なのだが、公式HPの文章をよく読むと、気になる単語がある。
    それは「demix technology」だ。

    LiveatHB.jpg

    再度ユニバーサルの公式HPを
    http://sp.universal-music.co.jp/beatles/



    文面から推測するに、それは個々の音声信号の個性を区別してそれぞれを分離できる技術ということ。例えばピアノの音とギターの音は固有で別物なので、モノラル録音で二つの音が混ざっていても、この技術を使えばモノラル音源からそれぞれを分離できるというもの。声紋鑑定技術の応用?

    昨年だったか?You tubeにアップされた「love me do」のtrue stereo mix。
    あれを聴いて僕も驚いたが、それぞれ個々の音を別々に取り出してステレオでミックスしなおした音源だった。恐らくあれと似た技術のことなのだろうと思う。


    今回、その技術がどこまで必要だったのか不明であるが、分離された個々の音源をマルチトラックに配置しステレオやサラウンド用にremixするだろうことは推測できる。


    そうやってできあがったステレオ音源に対しては、正直評価が難しい場合があると考えている。

    ファンとしては、例えばモノラルでしか聴けなかった楽曲が、ステレオになっただけでものすごく嬉しいことは事実。その時点で狂喜してしまうに違いない。例えば、先日取り上げた『Pet sounds sessions』が世に出た時のように。

    けれども今になってみると、僕はステレオ化そのものは喜んだものの、ミックスの仕上がりについては別物だったようで、今ではステレオミックスはほとんど聴かないのだった(苦笑)。

    やっぱり、ミキシングされた時点の流行の音と言うものがあって、どうしてもその方向に向いてしまっているように思える。それは楽器の定位や音量的なミキシングのバランス、さらにはreverbなどのエフェクトの音そのもののこと。

    オリジナル作品の発表時点でのステレオミキシング作業があったならば、きっと違ったサウンドになっているのだろうなと推測してしまう。


    さて、『live at the Hollywood bowl』は3トラック録音で、公式発売時点からステレオだったものの、3トラックのテープには1つのトラックに声や楽器、歓声が混ざっているのだろう。それを新たな技術で分離し、マルチトラック音源としてremixするわけだ。

    実は77年発売のアルバムも、3トラックの音源をわざわざマルチトラックにコピーしてフィルター処理等を施してから最終のミキシングを行っている。
    当時の技術から推測するに、ある程度の周波数帯域に分け、例えば低音域(ハイカット)、ミドル、ハイと分ければ、3トラックx3で9つのトラックに分けるなどは簡単にできたろう。ベースだけやたらと音量が大きいのはそのせいかなと思える。
    *7/28追記:ベース音量は完全に記憶違いだった、訂正する

    昔の記事にも書いたが、その後のブートや後に出た「Baby's in black」を聴く限り、録音そのものはオリジナルの『live at the Hollywood bowl』と違ってオンマイクで収録されているので、あのレコードのようにやや遠方からステージを見ているようなオフマイク気味の音は、意図的に作られたものであり、歓声が大きく聞こえるのも同じ理由(意図的)なのだろうと推測している。
    *但し、当時の基準からしても最初から歓声が大きく録音されてしまっていることも間違いではないだろう。

    いずれにせよ、新たに登場するアルバムがあまりおかしな音に加工されすぎないことを祈る。

    さらにもう一つ、僕はBeatles関連でのremixに対しては、駄作『Let it be naked』同様に、ボーカルのミキシングバランスが大きめにされはしないか?と不安を感じているのだった。ロックグループがコーラスグループになりロック感が失われる・・・・・・それだけは是が非でも避けて欲しい。
    少なくとも、77年のアルバムと同じ程度にしてもらいたい。


    蛇足だが、僕はCDでなくLPを予約してしまったので、発売はCDよりも2ヶ月ほど遅れるらしい。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ ハリウッドボウル demix technology Hollywood Bowl 再発盤

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR