ビートルズ ミニチュアジャケットコレクションBOX・・・・・・って?

    数日前、Amazonで見かけたこの商品、僕にはとっても微妙な商品に思えるのだが・・・・・・。

    61zztNtSBkL_SL1000_.jpg

    51ONLqupo8L_SL1000_.jpg

    僕がそう思う理由は4つある。


    一つ目は、ジャケットの選定。

    71SpweRpnjL_SL1000_.jpg

    ここに掲載された14点の確定らしきジャケットは、Beatlesの活動期でないものも含まれている。正直、それらのジャケットデザインは、活動期発売のものと比較し、どう見ても見劣りするのだが。特に潜水艦・・・・・・(苦笑)。わざわざこれを「ジャケットコレクション」と銘打った商品にファンが求めるだろうか?

    二つ目は、ジャケットにアルバムとシングルとが入り混じっている点。
    どちらか一方だけでも良かったのでは?

    三つ目は、各国のシングル盤ジャケットに初期Beatlesを伝えるものが含まれていない点。
    僕自身、Beatlesの各国盤シングルやEPを集めていて思うことは、1964年末までぐらいに出されたEPあるいはピクチャースリーブ付きシングルに、如何にも当時っぽい味と言うか懐かしさを覚える色使いやフォントを使用したものが多い、ということ。その頃のレコードは集めて楽しいと思える。
    「ジャケットコレクション」には、そのような楽しさが不可欠だと思うのだが、写真を見る限り、かなり外しているように思える。

    四つ目、価格が高すぎること。
    以前、日本のみで特別に発売されたWhoの1stと2ndのミニチュア紙ジャケット入りコレクターズBoxセットは、当時「高価だ!」と思いながら買ったものだ。
    ちょうど手元に『A quick one』のBoxがあったので確認したが、これにはモノラル/ステレオ音源を集めたCD2枚組(最新remaster、レア音源含む)に、CD収納可能な各国の紙ジャケット7点、さらにアルバムが発売されていた頃に各国で出されたシングルやEPのミニチュア紙ジャケットが20点入って、税5%込み定価1万円だった。
    今回の「ビートルズ ミニチュアジャケットコレクションBOX」と比較したらWhoのBox setは全然高価だとは思えないどころか、かなり安価だ。

    でも、やっぱり価格以前にジャケットの選定にがっかりさせられる。
    但し、商品が売れなければ、10年後、20年後には幻商品としてプレミアが付く可能性がある(笑)。

    なお、下の写真でわかるように、横幅が45mmなので、シングルCDのサイズよりも小さい。

    51sfMtKBPAL_SL1000_.jpg


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ シングル盤 ミニチュアジャケットコレクション 来日50周年

    コメント

    Secret

    たぶん…

    こんばんは。

    たぶんこれは食玩みたいなもんと捉えたほうがいい商品だと思います。
    最初はひと昔前のタイムスリップグリコみたいなものを企画してたけど音源の使用許諾が降りなかったとか(当たり前)…そんな感じじゃないかなーと。

    きっと箱の色がブルー、イエローと第3弾ぐらいまで続くんでしょう。

    Re: たぶん…

    dr.pepperさん、こんばんは。

    > たぶんこれは食玩みたいなもんと捉えたほうがいい商品だと思います。
    > 最初はひと昔前のタイムスリップグリコみたいなものを企画してたけど音源の使用許諾が降りなかったとか(当たり前)…そんな感じじゃないかなーと。

    タイムスリップグリコって、確か、本当に再生できるシングルCD(って言葉で、あってるのでしょうか?)を使ったミニチュアだったと思いますが、今回のは、そもそものサイズが小さすぎて、シングルCDが入らないんですよね。
    だから、それとは違うかなと思いました。
    とは言え、食玩みたいなものと言われたら、そうなのでしょうね。
    そうなると、やはり、価格が高すぎですよね。

    > きっと箱の色がブルー、イエローと第3弾ぐらいまで続くんでしょう。

    なるほど・・・第2弾は、ましなジャケットを選んで欲しいものですね。
    僕は絶対に買わないですが(苦笑)。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR