FC2ブログ

    Beatles for sale その1

    Beatles in Mono LPの『Beatles for sale』は、音がなかなか掴めなかった。

    正直なところ、A-1の「No reply」を聴いたとき、ボーカルがあまりに眠たい音に思え、「このアルバムってこんなに音悪かったっけ?」と、81年の英国再発盤を引っ張り出して聴き比べし、ショックを受けた。

    英国再発MonoはA面マト5で、Johnのボーカルも高域がしっかりと通ったクリアな音だったからだ。

    BFSoct19 (2)
    *左:英国再発Mono、右:2014 Mono、2014の方が画質が粗い(ジャケット裏面も)

    続きを読む

    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR