レコード屋 

    先日出張で何年ぶりかに京都に行ったのだが、久しぶりに四条烏丸にあるレコード・CD店を訪れた。

    そこは、京都ではいくつか店舗を持つ新品のCDを扱うお店なのだが、80年代に、そこや別の店舗で僕は時々輸入盤LPを買っていた。

    忘れもしないが、Whoの米国Deeca盤(カップリング2LP)は当時、大阪では見かけなかったのに、そこでは新品で売られていたのだった。確か2000円ぐらいだったので、見つけてその場で購入した。

    あれから25年以上経過して、その間にLPの時代は終わりCD中心の時代となった(いや、CDでさえ今後どうなるかわからない時代となった)。

    そして、恐らく最後にその店を訪れてから10年以上は経過していたので、お店が存続しているかどうかも知らなかった。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : ひとりごと
    ジャンル : 日記

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2013/06 | 07
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR