FC2ブログ

    Blonde on blonde/Bob Dylanその2

    Bob Dylanの、『Blonde on blonde』の続き。
    今回の話の中心はCDだ。

    残念ながら今は調べようがないが、日本で2度目?のCD化(Nice price seriesだったか、1800円定価の規格)の際にようやくCDを購入したら、それは米国盤LPに準拠したミックスだった記憶がある。

    つまり「Pledging my time」のボーカルにエコーがかかっているヴァージョンだった記憶がある。
    *今はそのCDは行方不明なため、現時点では確信がない。間違っている可能性も捨てきれない。

    その後、SONYがSBM方式を開発した際にGold CDで登場したもの(下)は、日本盤LPと同じミックスだと思った。
    そして、今回比較するまでそう信じていた。
    *当時わざわざ国内盤で購入。
    bob2.jpg

    何故かと言うと、A-2「Pledging my time」のボーカルにエコーがかかっていないと当時思えたからだ。

    今回10数年ぶりに聴くまでそう信じていたのだが、残念ながらそれは誤りだとわかった。

    続きを読む

    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2012/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR