FC2ブログ

    John Lennon / Plastic Ono Band(2)

    先日の「Double Fantasy Stripped Down」の記事でも書いたが、今年のJohn LennonのリマスターCDは全く購入する気がなかった。しかし、赤盤・青盤の特集をしたレコードコレクター誌に掲載されたリマスターCDの記事を読むと、どうしても聴きたくなり3枚だけ購入した。個人的には赤盤・青盤の記事よりもこちらの方が価値があった。
    最初に聴いた「Rock’n roll」の音質が非常に良かったので、追加で他のタイトルも購入してしまった。

    John Lennon / Plastic Ono Bandも購入したが、やはり日本盤レコードの低音とは全然違っていた。けれども、他のアナログよりも出ているし、それ以上に、低いところまでズシンと落ちるように再生されるのが心地よかった。
    解像度で言えば、明らかにアナログを上回っていて、1世代以上マスターに近づいたような印象だ。

    ただし、英国盤や日本盤と比較するとハイ上がりで中音域の厚みにかける。
    僕のオーディオ環境では今回のリマスターCDの音の傾向に近いのは、レココレ誌記事とは違って米国盤だ。厳密には中高域が米国盤っぽく、低域は英国盤っぽい(笑)。

    では、アナログに。こちらが米国盤。
    JL1.jpg

    続きを読む

    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2010/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR