FC2ブログ

    The Whoの国内盤1stシングル Substitute(2)

    whosingle1
    (前回からの続き)
    今では有名な話だが、The Whoはこのシングル曲から初代のレコードプロデューサーであるShel Talmyと決別し、レコード会社もBrunswickから勝手にReactionへ移籍してしまった(Shel Talmyとの契約の際に、不当に低い印税率にされていたことがわかったため)。
    結局、この争いは法廷に持ち込まれWho側が敗訴し(和解という説もある)、長年の不利益をこうむる話となってしまう。

    w1
    このシングル盤は、まさにその状況を反映して発売されることとなる。
    1981年発行のThe Who Illustrated Discography compiled by Ed Hanelによると次の通り。

    続きを読む

    スポンサーサイト



    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2010/08 | 09
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR