2009年リマスターのA Hard Days Night

    昨年、ようやく待ち望んだThe BeatlesのリマスターCDが発売され、僕はStereo、Mono両方のBoxセットを購入した。

    しかし、恥ずかしながら未だに未開封のアルバムがある、つまり、未だ全アルバムを聴いていないわけだ。
    結果的には急いで買う必要もなかったとも言えなくない。今なら全て中古でも手に入るし。

    ahdpic

    では、本題に入る。
    2009年リマスターの「A Hard Days Night」ステレオ盤のタイトル曲だが、歌の出だし部分の音質が良くない。
    CDのカウンターで、ちょうど4秒目あたり、最初の歌詞「It’s been a hard days night」の「hard」の部分で音がこもったように聞こえる。
    その前後、3秒目から5秒目の音と、6秒目以降の音を左チャンネルのシンバルに注目して聴くとわかりやすい。そして8秒目あたりからはほぼ何事も無かったような音質となる。

    この部分、僕には4秒目の部分に音のこもり、その一瞬後「days」部分に音のふらつきが発生しているように聞こえる。実のところ左チャンネルだけがおかしいわけでない。

    僕はその原因をマスターテープの磨耗・損傷にあると推測しているが、リマスタリングの際のPro Tools上でのエフェクトやイコライザーの誤実施と見る意見もある。

    この話は以前てらださんのブログで書かせていただき、Beatlesの音源研究をされている野良さんから外国では既に話題になっていると教わった。野良さんのブログでもこの話題は取り上げられた。

    しかし、日本であまり話題にならなかった。
    その理由は、

    続きを読む

    スポンサーサイト
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2010/08 | 09
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR