FC2ブログ

    SACDについて

    sacd1
    昨日、予約していたWhoの「Who’s next」の世界初SACDが届いた。そこで、これまでオーディオっぽいことはほとんど書いていないので、この機会に少し。

    僕はSACDが好きだ。
    アナログ⇒デジタル変換の技術的なことまでははわからないが、DSD方式によってデジタル化された音源は、知り合いのエンジニアによると24bit,192KHzでアナログ⇒デジタル変換した音よりも音質が良いとのこと。そのDSD方式でD/A変換した音源がSACDに使われる。
    僕自身はその話を聞く前から、SACDのポテンシャルは、24bit,192KHzのCDみたいなもの(当然そんなものはないが)か、それ以上かと考えていた。今で言う、ハイレゾ音源がそれに当たる。そのため、BeatlesのFLAC音源(24bit, 44.1KHz)のUSBもSACDが出たら不要となると思い全く購入を考えなかった。しかし発売の気配は全くないが。

    Decca時代のRolling StonesのハイブリッドSACD盤は全タイトル購入したし、Dylanのハイブリッド盤も好きでないアルバム以外は全部買った。
    けれど、僕がSACD Playerを買う決心をしたのは、The Whoのアルバム「Tommy」がハイブリッドSACD化されたからだった。

    僕のオーディオは2Chオンリーなので、最初に購入したSACD PlayerはマランツのSA-14 Ver.2と言う2Chのみ対応の製品にした。初めて聴いたSACDのTommyは(おかしな表現だが)スクラッチノイズが全く無いレコードを聴いているようだった。しかも音質は抜群だ。音の空間のサイズがCDとは随分違う。

    それ以来、好きなアルバムがSACDで再発売されると、CDを持っていてもSACDで再購入した。さらにDVD-Audioも聴きたくなり、EsotericのSA-60(ユニバーサルプレーヤー、マルチチャネル再生対応)を導入し、今に至っている。

    続きを読む

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲)意味のExtended Playの略で、両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2010/08 | 09
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR