The Jam 1977(40th Anniversary)

    ここ数年、秋~冬が近づくと新たなボックスセットが組まれることがとても多い気がする。先日のWhoのsingles box setなどがその一例だろう。

    そして、ほぼ同時期にJamの初期2枚のアルバム(+同時期のシングル)+デモ+77年のLive録音を収めた5枚組みのCD box『1977(40th Anniversary)』が登場するという。
    The Jam 1977(40th Anniversary)
    *Amazon UKの商品ページより

    内容を見る限り、1stと2ndのDeluxe editionを個別でなく、2枚1セットで用意したようなものだ。
    こちらのURLで紹介されている。

    正直なところ未発表のLive録音だけは聴きたいところ。あるいは、日本円で5000円程度なら、なんとか無理してと思えなくもないが、現実的にはその1.5倍以上の値段のようだ……悩む!
    *追記:1.3倍ほどみたい、予想よりも安価な方向に(でも、まだちょっと高いか)




    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Jam ザ・ジャム CD ボックス Live 1977 40th ライブ

    新譜情報 続編 Maximum As & Bs

    先ほど知った。
    Whoの7インチシングルズBox setが全て終わったこともあって、今度はCD版のボックスセット『Maximum As & Bs』が登場するようだ。
    Maximum As Bs
    *4つの7インチBox set収録のほぼ全てを5枚のCD に収録

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : ザ・フー Who シングル singles Maximum As & Bs

    新譜(再発)情報

    久しぶり?にいろいろと出てきたので、まとめておく。

    まずRolling Stonesの『Their Satanic Majesties Request』50周年盤が登場。
    satanic.jpg
    写真は、2LP+2SACD仕様でMono/Stereoとのこと。


    次に、過去にブートとして登場したビートルズ、ローリングストーンズ、ボブ・ディランのライブ音源がハーフオフィシャル的に発売されている。
    たとえば、これとか。
    hwb1965.jpg

    メーカー(Eternal Grooves?)説明によれば、オリジナルマスター使用などと書かれたものもあって、オリジナルマスターって出所は何処?既存のブートとの比較で本当に音質向上しているのか?などと興味を覚える。
    今のところ僕は一つも購入していないが、掲載した『ハリウッド・ボウル 1965』を怖いもの見たさで注文してしまった。


    最後に、昨日Columbiaさんからコメントをもらったように、DeagostiniからBeatlesのLPがようやく一般発売される話。
    deagoad.jpg
    *販売元HPの画面キャプチャー

    一時、テスト販売され、その後中止となっていたが、事前の噂通りこの秋(8/29とのこと)から発売されるそうだ。
    創刊号のみ1990円。


    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : RollingStones ローリングストーンズ Beatles ビートルズ

    Blu-ray audioソフトがバーゲン価格に!?

    僕の知る限り1週間前頃からだろうか?Amazonで一部の Blu-ray audioソフトが税込みで1080円~というバーゲン価格になっていた!

    半額以下なのでいぶかしく思えてしまうが、何か理由があるのだろうか?

    自分が使っている現用のオーディオ機器ではまだ追いついていないが、新たにBlu-ray audioも再生可能なユニバーサルプレーヤーの導入を考えているので、思い切って目ぼしい物(で在庫ありのもの)を購入した。

    BRAudios.jpg

    ご参考まで。

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Blu-ray audio ソフト ブルーレイ・オーディオ

    昨日の続報(SDE収録内容)

    The Beatles' Sgt. Pepper Super Deluxe Reissue Announced!というタイトルのメールがuDiscovermusic.comから届いていた。(いつ登録したか記憶に無いけど、こういう情報が届くということは、以前そこにアドレス登録したのだろう。)

    SDEの収録内容が記されている。

    それを読むと、噂どおり今回の発売は、new stereo mixということで、1990年代に流行したremix remasterと同様、マルチトラックテープに遡ってのremixによる製作。

    マルチトラックテープをデジタルトランスファーするに当たっては、90年代とは違って、今のほうがより高品位な音質での作業が可能となる(スペック的には)。それゆえ、SGT以降も同様のプロジェクトが継続されるのであれば、「Help!」「Rubber soul」も再見直しされることだろう。

    僕は、オリジナルミックスへの拘りが無いとは言えないので、正直不安でもある。あまり変な小細工はなしで、本筋がオリジナルのstereo mixと同じ印象であれば良いなぁというのが本音。

    前述の、「Help!」「Rubber soul」86年remixは、エフェクトの効かせ具合が僕には過剰に思われ、低音域へのEQ操作もやりすぎに思え、本当に全然聴かない。もうちょっとうまい音作りができたろうに!と思えてならなかった。

    今回はそうならないことを願う。




    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band Anniversary Super Deluxe Edition

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR