Little children

    Billy J. Kramer with the Dakotasの米国での1stアルバム
    『Little children』(LP-9267)は、英国での1stよりも約半年遅い1964年6月の発売。

    LittleC (2)

    英米で64年3月に発売されたシングル「Little children」をアルバムタイトルに冠し、他にも英国でのシングルA面曲を3曲収録。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    Billy J. Kramer with the DakotasのCD紹介

    先日、英国での1stアルバム『Listen』を取り上げたBilly J. Kramer with the Dakotasの重要なCDを紹介しようと思った。
    と言っても、結局この2枚(と言うか、2種類)かなと思う。

    BillyJCDs (1)

    まず何を置いても、90年代初頭に米国で発売された“EMI Legends of rock’n’roll series”と題して発売された一連のCDシリーズ(写真左)。
    これは、Billy J.だけでなく、60年代の英米rockファンにとっては必携と言えるシリーズだった。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    Listen/Billy J. Kramer with the Dakotas

    Gerry and the pacemakersの1stアルバム『How do you like it』を取り上げたとなると、これも取り上げないわけにはいかないだろう。

    Billy J. Kramer with the Dakotasの1stアルバム『Listen』(PMC1209)

    listen (4)

    Billy J. Kramer with the Dakotasは、Parlophoneから63年にデビューしているが、まともなオリジナルアルバムは英国ではこの1枚のみ。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR