「音が良い」は人それぞれだけれど……補足〝PA的な音〟について

    皆さんからコメントをいただいている本タイトル記事に関して、返事を返す前に急ぎで補足をしておきたいと思って、今日の予定を変更してこれを書いている(苦笑)。

    それは、僕が独自に思いついて使った言葉、〝PA的な音〟が自分の意図とは違った意味で捉えられる恐れがあると思えたから。

    僕は、「PA的な音とは、スピーカーがギターアンプになり、まさにそこから音が出てるような音とでも言えばわかってもらえるだろうか。」と記したが、僕が言わんとしている音は、別の言葉で言えば、スタジオのモニタースピーカーから聞こえるような音のことだ。

    まさに、録音された楽器の音がそのスピーカーから鳴っているような音。

    例えば、録音マイクを通してFenderのアンプから出るエレキギターの音をモニタースピーカー越しに聞くと、まるでスピーカーがFenderのアンプになってしまったかのような音、そういう音のことを伝えたかった。

    それは別にエレキギターである必要はなく、ボーカルやバイオリンや、まぁ、なんでもいいんだけど、少なくともコンサートで使われるPAの音、あるいはそういう意図でのPAの音など全くイメージしていない。

    でも、〝PA的な音〟という表現あるいは言葉を使ったことにより、コンサート用のPAの音と受け止められる可能性が出てしまった。〝モニタースピーカー的な音〟としておくべきだったか……。

    以前書いたことがあるが、20代の時にJazzを大音量でかけている喫茶店に入ったことがある。所謂Jazz喫茶ではないけれど、JBLのかなりの大型スピーカーが狭い店内にどんと(オーディオ的にはいいかげんな配置で)設置されてあった。そのスピーカーから出る音は、まるでそこからトランペットやサックスが鳴っているかのような音だった。

    今の僕なら(配置だけでなく)部屋に対する機器のサイズや音量が全く駄目だと思うだろう。あれではステレオ録音されたソースに含まれるスタジオの空間など現れるわけがない、と。でも、当時の僕はそういう、スピーカーから直接楽器の音が出ているような音だけしか見えていなかったので(音が大きすぎて居心地悪かったが)出てる音はそれほど悪くないと思った。こういうのを僕は〝PA的な音〟という言葉で表したかった。

    ということで、〝PA的な音〟と言う言葉で僕が伝えたかった音は〝モニタースピーカー的な音〟とも呼べるかもしれないけれど、いずれにせよ上に記したような意図であり意味だった。
    今回の補足で的確に伝わることを祈る。

    スポンサーサイト

    テーマ : オーディオ
    ジャンル : 音楽

    tag : 良い音 音質 オーディオ 空間 再現 モニター

    「音が良い」は人それぞれだけれど……

    *追記10/11:
    以下本文に〝PA的な音〟と言う言葉を使っているが、自分の意図した意味では伝わりにくかったどころか、誤解を招く可能性が高いとわかったので、同じカテゴリー内に補足記事を記した。それも合わせて読んでいただきたい。


    タイミングとしては前回の流れを受けて、ちょうど良いのかなと思えた話題を。

    それは、オーディオ雑誌「ステレオ」誌が90年代に選んでいた年間最優秀録音盤あるいは優秀録音盤についての経験談・失敗談とでも言えば良いか。

    続きを読む

    テーマ : オーディオ
    ジャンル : 音楽

    tag : 良い音 音質 オーディオ 空間 再現

    「音が良い」は人それぞれ パート3 音量

    このところゆっくりと『Art Pepper meets the rhythm section』の各種CD、SACD、BD-A、LPを聴いている。

    残念ながらAnalog productionsから出たSACD/CD盤だけが行方不明なためそれ以外を聴いているのだが、以前Amazonレビュワーの音質高評価に釣られて購入した通称〝赤シャツ〟CDがどうして高評価だったのか、なんとなくわかった。

    APMRS17oct (14)
    *5種類のCD、上(左:K2、右:赤シャツ)、下(左からビクター初版、Ojc、XRCD)

    続きを読む

    テーマ : オーディオ
    ジャンル : 音楽

    tag : Art Pepper Meets the rhythm section 音質 CD

    DL-103Rで再生したデアゴ盤『Abbey Road』の印象

    今日(4日)の夜、デアゴ盤『Abbey Road』を初めてDL-103Rで再生してみた。
    これまでは、最近取り上げていた再生の難しいデジタルマスター使用のLPと同じ部類だと決め付けて、P-3Gでしか聴いていなかったのだ。

    で、土日に聴くような大きな音量では聴けなかったものの、第一印象としては〝普通に聴けた〟。
    その点は、それこそ『Maiden voyage 50th anniversary』や『Vanessa Paradis』の再発LPをDL-103Rで再生した印象と大きく違っていた。

    僕は前回記事のコメント欄で、次のように記していた。
    〝DL-103Rでも旧CDマスターの使用の『Abbey road』LPは、2012年リマスターやデアゴ『Abbey road』LPと違って普通に聴けます。〟

    これは、後者を再生の難しいデジタルマスター使用のLPだと決め付けてのことだった。
    しかし、まるで実際に再生した印象としての言葉と受け取られるような書き方をしていたのは失敗だったと今更ながら気づいた。後者を挙げる必要はなかったのだ!

    と言う事で、そのコメントの意味は上記の通りであり、誤解を与えた方々にはお詫びします。失礼しました。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : デアゴ Beatles レコード アビーロード DL-103R カートリッジ

    日本のTVドラマのオーディオ

    僕はたぶん同年代の中ではTVをよく観る方だと思う。
    昔はTVをわざと持たない(観ない)期間もあったが、それは遠い昔の話になってしまった。

    但し、受信料を支払っているにも関わらずNHKは観ない。チャンネルを変える時に映る程度か。興味をそそられる番組がない。朝の連続……も知らないし、大河ドラマも一切関知しておらず。それはここ10年どころの話ではない。なので「国民的」なんとかなどと言われても全く知らないので、それを国民的と呼ぶのはどうか?とさえ思えてしまう……まぁ、そんな話はどうでも良いか(苦笑)。

    今日の本題は、日本のTVドラマに登場するオーディオの話。答えも結論もない、まさに雑感。

    続きを読む

    テーマ : 日記
    ジャンル : 音楽

    tag : テレビドラマ オーディオ ドラマ

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR